プレスリリース・お知らせ

ラオス スタディツアーを開催します

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録
「ラオス スタディツアー」治安の悪化による中止のお知らせ

2012年9月3日から9月9日に予定しておりました「ラオス スタディツアー」を、訪問地の治安悪化のため、中止せざるを得なくなりました。

訪問予定であったシェンクワンのポンサワン市付近において、現在、反政府勢力の動きが活発化し、同市では、夜間外出禁止令も発令されています。その後も治安の悪化が続いており、参加者の皆さまの安全確保を第一と考え、同ツアーの中止を決定いたしました。

この度のツアーの中止に至るまでには、当会で様々な検討を行いました。治安の悪化しているシェンクワンを訪問地からはずし、滞在をビエンチャンのみとする日程も検討いたしました。しかしながら、今回の最大の目的である、地雷・不発弾処理現場の見学地(シェンクワン)を組み込めなければ、スタディツアー本来の意味を失ってしまうと考え、中止せざるを得ませんでした。

今回のツアーを楽しみにされていた皆さまには、心よりお詫び申し上げます。何卒、ご理解賜りますようお願い申しあげます。

今後も、ラオスでの治安状況を注視しながら、再度、スタディツアーを検討いたします。また、ほかの支援地につきましてもツアーを企画して参りたいと思っておりますので、今後ともご期待いただければ幸いです。

AAR Japan[難民を助ける会] (2012年7月24日)

NGOの視点からラオスの今を見て、感じて、考える、7日間

press1204_920_1laos.jpg

国際協力の現場を体験したい方、世界の問題を深く理解したい方、ラオスを楽しく知りたい方におすすめです!

たくさんの民族が暮らす多様な文化やのどかな風景など、様々な魅力にあふれるラオス。その一方、ベトナム戦争中に落とされたクラスター爆弾などが大量の不発弾となって残され、「世界最悪の不発弾汚染国」のひとつでもあります。また、一人当たりGDP(国内総生産)は日本の40分の1程度で、障害者福祉政策などはまだまだ進んでいないのが実情です。

ツアーでは、ラオスの除去団体による不発弾処理の現場や、難民を助ける会が行っている不発弾被害者支援の現場、さらに、難民を助ける会が長年支援したラオス唯一の車いす工房などを訪問します。国際協力の現場を知り、体験し、考え、そしてラオスの素晴らしさを実感する7日間。あなたもぜひ参加しませんか?

ラオススタディツアー 概要

旅行日程 2012年9月3日(月)~9月9日(日) 5泊7日
旅行代金 189,000円
*成田空港発着、ベトナム航空利用予定、2人1室利用
*朝食5回つき(機内食は含まず)
*別途、成田空港使用料(2,540円)、ラオス空港税 (約780円)、航空保険料、燃油特別付加運賃(2012年3月6日現在17,000円)が必要になります
*指定の旅行保険に別途ご加入いただきます
定員 20名(最少催行人員10名)
訪問先 ラオス人民民主共和国(ビエンチャン、シェンクワン)
*添乗員は同行しません。難民を助ける会の日本人スタッフが成田出発から帰着まで同行します。現地では難民を助ける会の駐在員が活動のご紹介をします。
募集締切 2012年7月19日(木)
*定員に達し次第、募集は終了します。
*8月下旬に都内で事前説明会を開催予定です
お問い合わせ・
お申し込み
株式会社マイチケット
電話:06-4869-3444
〒660-0084 兵庫県尼崎市武庫川町4-27-1
エアーワールド(株)代理店 日本旅行業協会(JATA)協力会員 兵庫県知事登録旅行代理店142号(総合旅行業務取扱責任者:山田和生)

【このお知らせに関するお問い合わせ】

担当:大久保
TEL:03-5423-4511

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)