プレスリリース・お知らせ

カンボジアに日本人駐在員を置き、障がい児支援を始めました

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

首都プノンペンで日本人駐在を再開しました

press1306_1177_1cambodia.jpg

障がいのある子どもたちのため、学校の先生、障がい児の家族や地域の方々と協力しながら活動していきます。左端は駐在員の園田知子(2013年4月5日)

AAR Japan[難民を助ける会]はカンボジアで、新たに障がい児支援事業を開始しました。4月より、駐在員の園田知子が赴任しています。

AARは1992年より、首都プノンペンで、職業訓練や車いすの製造・配付などの障がい者支援を行ってきました。2006年に車いす工房が現地NGOとして独立してからは、日本人駐在員は置かず、資金面と企画運営面の支援を通じて同団体の自立を支援してきました。

カンボジアでは、教育環境が整っていない、周りの理解が得られないなどの理由で、障がいのある多くの子どもたちが学校に通えていません。障がいの有無に関わらず、すべての子どもたちが学校に通い、将来の可能性を伸ばせるよう、活動してまいります。

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)