プレスリリース・お知らせ

10/17(金)「SRセミナー2014」でAARの社会的責任の取り組みを報告します

2014年09月29日  お知らせ
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

社会的責任(SR)をめぐる世界の動きを知ろう

ISO26000は2010年11月に国際標準化機構(ISO)より発行された、あらゆる組織において社会的責任(SR)を果たすために作られたガイダンス文書です。発行から4年が経とうとする今、世界では、そして日本では、どのような取り組みがされているのでしょうか。

AAR Japan[難民を助ける会]も幹事団体として参加している「社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(NNネット)」では、ISO26000の策定に初期から関わってきたカロリン・シュミット氏の来日にあわせ、2014年10月17日(金)に「ISO26000発行記念SRセミナー2014」を開催します。

シュミット氏がISO26000の現状をどのように考えているか、そして10月7,8日にバリ島で開催されるISO26000に関する国際オープンフォーラムの速報もお話しいただきます。また、AARをはじめとする日本のNPO/NGOから、社会的責任についての取り組みも報告します。

ISO26000をめぐる国際的な動向を直接聞ける大変貴重な機会です。ご関心のある皆さま、是非ご参加ください。

AARの社会的責任(SR)についての取り組みは、こちらをご覧ください。

ISO26000発行記念SRセミナー 2014 ―策定に関わってきたカロリン・シュミット氏をお迎えして

日時 2014年 10月17日(金)16:00~18:00 (15:30開場)
会場

日本NPOセンター地下会議室
(新大手町ビル地下1階 B116)

プログラム(予定)

カロリン・シュミット氏講演
日本のNPO/NGOによるISO26000についての取組みの報告
質疑応答、コメント他

※日英逐次通訳あり

参加費

1,000円

お申し込み

NNネットホームページの参加申込フォームからお申し込みください。

主催 社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(NNネット)

カロリン・シュミット氏 プロフィール

米国のNGO、Ecologiaのプログラム・ディレクター。ISO26000の策定に初期から関わり、発行後の現在はISO26000フォローアップ組織のステークホルダーアドバイザリーグループ(PPO-SAG: Post Publication Organization Stakeholder Advisory Group for ISO 26000)にNGOセクターの代表として参加。2014年10月7日~10日にインドネシアで行われる国際オープンフォーラムおよびトレーニングワークショップにも出席・登壇を予定している。
CSRに関する業務のかたわら、社会経済の公平性に強い関心を持ち、CSO支援にも携わる。Ecologiaによるバルト三国での小規模事業支援事業に10年間(1993-2003)従事。

【このお知らせに関するお問い合わせ】

担当:松本

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)