ハイチ

AAR Japan[難民を助ける会]では、2010年1月12日にハイチ共和国を襲ったマグニチュード7.0の大地震を受けて、直後から緊急支援を実施しました。被災した障がい者施設の再建、感染症を防ぐための衛生教育などを行った後、現在は障がいのある子どもたちの就学を促進する活動を進めています。




ハイチでの活動内容

障がい児の就学支援

教員研修

障がい児教育に関する研修で話し合う学校関係者たち

ハイチ政府は「万人のための教育」を目指していますが、実際には障がい児の初等教育就学率は2%程度と推測されており、多くの子供たちが学校に行けていません。

この状況を改善するため、AARでは、首都ポルトープランスで障がい児の就学支援を始めました。障がい児の就学状況について基礎調査を行ったうえで、教員に障がい児教育について研修を行っています。

小学校での衛生設備整備、衛生教育の推進

特に抵抗力が弱い子どもたちを感染症から守るため、首都ポルトープランス市の小学校において、トイレや手洗い設備などの衛生設備の整備と、衛生教育の推進を行いました。この活動は2015年3月をもって終了しました。皆さまのご支援に御礼申し上げます。

活動の詳細

養護施設、障がい者施設の再建

2010年6月より、首都ポルトープランス市内にて、震災の影響で損壊した児童養護施設、学校および障がい者施設を再建し、また必要な資機材を提供しました。この活動は2013年1月をもって終了しました。皆さまのご支援に御礼申し上げます。

活動の詳細

子どもたちへの医療支援・コレラ予防

現地の団体と協力して、児童養護施設の巡回診療やコレラ対策活動を行ってきました。この活動は2011年6月をもって終了しました。皆さまのご支援に御礼申し上げます。

活動の詳細

ハイチ大地震緊急支援

2010年1月12日(現地時間)、ハイチ共和国を襲ったマグニチュード7.0の大地震に際し、AARでは1月25日に4名を現地に緊急派遣して支援活動を行いました。この活動は2010年4月30日をもって終了しました。皆さまのご支援に御礼申し上げます。

活動の詳細

2015年 3月 カルフール地区における衛生環境改善および衛生啓発事業を終了)

2014年 3月 カルフール地区における衛生環境改善および衛生啓発事業を開始
2013年

2月 ポルトープランス市カルフール地区にて、小学校での衛生設備整備、衛生教育推進事業を開始(2014年3月終了)

1月 養護施設、障がい者施設の再建事業を終了

1月 再建した養護施設、障がい者施設での、コレラ予防のための衛生教育支援を終了

2012年 1月 再建した養護施設、障がい者施設にて、コレラ予防のための衛生教育支援を開始
2011年 6月 巡回診療活動を終了
2010年

10月 コレラ勃発

9月 被災地(ポルトープランス市)にて巡回診療活動を開始

7月 被災地(ポルトープランス市)にて損壊した養護施設、障がい者施設の再建事業を開始

2月1日 東京タワーで被災者支援のためのチャリティコンサートを開催

1月12日16時53分(現地時間) 地震発生。震源は首都ポルトープランスの西南西25km、マグニチュードは7.0と推計されている。1月25日に緊急支援チームを被災地に派遣し、支援活動を開始

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450