活動ニュース

熊本地震:発災から二ヵ月。こぼれた声を拾い集める

2016年06月14日  日本緊急支援
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

「こんなこと頼んでいいのかわからなかった...」

rpt1606_2073_1takagi.jpg

身体障がい者福祉センターにシーツと枕をお届けするAARの高木卓美(右から二番目)と平山泰弘(左)(2016年6月10日)

熊本地震の発生から二ヵ月が経ちました。AAR Japan[難民を助ける会]は現在、熊本で被災した福祉施設の再建を支援しています。また、被災した方々の個々の状況に応じた支援を継続しています。

熊本県身体障がい者福祉センタ―には身体だけでなく発達障がい、知的障がい、精神障がいのある方々も合わせて19人が避難しています。シーツが必要との要望を受けAARが訪問したとき、皆さんマットは使われていましたが、シーツだけでなく、枕もありませんでした。お話を伺うと、枕までは頼めないと思い遠慮していたとのことでした。そのため、シーツ80枚、枕40個をお届けしたところ、「これでやっと衛生的になり、快適に過ごせるようになり助かりました」とおっしゃっていただきました。

また、先日心のケアのためにおもちゃを提供した、知的・発達障がいのある子どもの保護者によるネットワーク、社会福祉法人「熊本市手をつなぐ育成会」には新たにDVD50セットをお届けしました。このDVDは教材用など、もともと育成会の子どもたちが被災前に使っていたものです。あるお母さんは「このDVDで今までやっていた自習を再開できるので助かります」とおっしゃってくださいました。先日お届けしたおもちゃについても、「ブロックはリハビリに活用できるのでありがたいです」「みんなで仲良く大切に使わせていただきます」などの声をいただきました。

発災から二ヵ月が経ちましたが、未だに6,300名を超える方々が避難生活を送り、一般の避難所を利用できない障がいのある方々にとっては、さらに厳しい状況が続いています。AARはこれからも、より支援の届きにくい障がいのある方々への支援を続けてまいります。

※この活動は、皆さまからのあたたかいご支援に加え、ジャパン・プラットフォーム(JPF)の助成を受けて実施しています。

継続して寄付する(マンスリーサポーター)

継続的に活動を支えていただくことで、私たちは紛争・災害などの緊急時に、迅速に出動し、命をつなぐ支援を届けることができます。


クレジットカードから

留意事項をご確認のうえ、以下のボタンからお手続きください。受付後、こちらから確認のメールまたはお手紙をお送りします。(お申し込み情報は、ベリサイン社の暗号化技術SSLを利用して送信されます。)

  • 初回にお申込みいただいた金額を毎月お引き落としさせていただきます。毎月のお引き落としの確認はいたしませんので、ご了承ください。

ゆうちょ銀行・その他銀行の口座から

留意事項をご確認のうえ、以下の申し込み用紙を印刷し、ご記入・捺印してAARまでご郵送ください。

印刷できない方は、以下から申し込み用紙をご請求ください。郵送いたします。

マンスリーサポーターの仕組み

クレジットカードまたはゆうちょ銀行・その他銀行の口座から、ご指定いただいた金額を毎月自動で引き落としいたします。振り込み手数料のご負担はありません。金額やカードの変更、支援を止めたい場合は、お電話またはお問い合わせフォームでいつでもご連絡ください。決済業務は、決済代行会社SMBCファイナンスサービスを通じて行っています。

※以下の場合は、お引き落としを停止させていただきます。

・お引き落としができない状態が6ヵ月続いた場合。
・ご住所変更などにより、当会からご連絡が取れない場合。

マンスリーサポーターになると

ご寄付がどのように使われているか、年次報告書や毎月の会報でご報告いたします。
年に一度、支援の現場からのメッセージカードをお送りします。

< 活動ニューストップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)