プレスリリース・お知らせ

スーダン共和国 援助機関への活動許可取り消し報道に関して

2009年03月10日  お知らせスーダン
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

特定非営利活動法人 難民を助ける会
事務局長 堀江 良彰

このたび、スーダン共和国のバシル大統領に対し、国際刑事裁判所(ICC)より逮捕状が発行されました。スーダン政府が一部のNGOに対する活動許可の取り消し、退去命令を発しているとの報道がされており、困難な状況にある人々の生活に悪影響が出る点を憂慮しております。

難民を助ける会も、スーダン共和国の北部と南部に日本人駐在員を派遣し、活動しておりますが、現在のところ、通常通り活動を続けております。

当会としては、政治、思想、宗教に中立の立場を堅持しつつ、引き続き、現地の治安状況を注視しながら、スーダンの復興に寄与するような活動を続けて参ります。

スーダンでの活動について

【このお知らせに関するお問い合わせ】

担当:スーダン担当
TEL:03-5423-4511
フォームでのお問い合わせ

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)