プレスリリース・お知らせ

8月3日(火)はラオスの活動報告会へ「車イスが運んでくれた未来」

2010年06月30日  プレスリリース
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録
両手と右足のないクントンちゃんとその母親が見守る中、車イスを調整する岡山駐在員

クントンちゃん(9歳)の車イスを調整する駐在代表の岡山典靖(左)撮影:高橋智史

国際NGO難民を助ける会(AAR JAPAN)(東京都品川区=理事長 長有紀枝<おさゆきえ>)は、8月3日(火)、ラオスにおける障害者支援の活動報告会をJICA地球ひろば(東京都渋谷区広尾)にて開催します。
一人ひとりの障害や住環境に合った車イスを、ラオスの人たちの手で。そんな思いで、難民を助ける会はラオス唯一の車イス工房を支援しています。では、車イスの普及は、障害を持つ人をはじめ、ラオスの人々にどんな変化をもたらしたのでしょうか? 
現地で6年にわたって活動を続けている駐在代表の岡山典靖がわかりやすく報告します。多くの皆さまのお越しをお待ちしております。

報告会の詳細とお申し込みはこちらをご覧ください。

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)