プレスリリース・お知らせ

ラオスでの「クラスター爆弾禁止条約締約国会議」に参加します

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

「クラスター爆弾禁止条約締約国会議」(2010年11月9日(火)-12日(金)、ラオス・ビエンチャン)に難民を助ける会から5名が参加

press1011_452_1mine.jpg

アフガニスタンで発見されたクラスター爆弾の子爆弾

国際NGO 難民を助ける会(AAR JAPAN)(東京都品川区=理事長 長(おさ) 有紀枝)では、来る2010年11月9日(火)から12日(金)にかけてラオスの首都ビエンチャンで開催される「クラスター爆弾禁止条約(オスロ条約)」の第1回締約国会議に、日本人駐在員をはじめとする5名が参加します。同条約は今年8月1日に発効したもので、締約国会議では今後の取り組みについて、クラスター爆弾汚染国と対策支援国が一同に会し、話し合います。

難民を助ける会は、世界最悪の不発弾汚染国であるラオスのビエンチャンとシェンクワンに事務所を構え、クラスター爆弾対策や障害者支援等を実施しています。またラオスをはじめアフガニスタン等でクラスター爆弾問題に取り組み、被害者支援や回避教育、不発弾除去支援を行っています。その経験をもとに、クラスター爆弾禁止条約の確実な履行と、普遍化を訴えてまいります。期間中は、会場にて難民を助ける会の地雷回避教育や被害者支援などの活動紹介を行います。

本条約や締約国会議について、また難民を助ける会の活動について、取材に対応しております。ご希望の際は難民を助ける会までご連絡ください。

【参加メンバー】
・岡山 典靖(リーダー): ラオス・ビエンチャン事務所駐在代表(兵庫県出身)
・福岡 幹彦: ラオス・ビエンチャン事務所駐在員、作業療法士(北海道出身)
・太田 夢香: ラオス・シェンクワン事務所駐在員(神奈川県出身)
・山下 祐美子: ラオス・シェンクワン事務所駐在員、看護師(千葉県出身)
・堀越 芳乃: 東京事務局 地雷・不発弾対策事業担当(東京都出身)

【このプレスリリースに関するお問い合わせ】

担当:堀越・青木・山田
TEL:03-5423-4511
FAX:03-5423-4450

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)