プレスリリース・お知らせ

12月18日(土)スーダンシンポジウムに難民を助ける会スタッフが登壇します

2010年11月29日  お知らせ南スーダン
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

大阪大学グローバルコラボレーションセンターとジャパン・プラットフォームが共催するシンポジウム「独立を問う南部スーダン:住民投票のゆくえと人道支援」に、難民を助ける会海外事業部長の名取郁子と河野洋が登壇します。

シンポジウムでは、スーダン南部でフィールドワークを行ってきた研究者や、現地で支援活動を行っている日本のNGOが報告を行うほか、住民投票の展望や人道支援の可能性について議論します。

詳しくは以下のサイトをご覧ください。

シンポジウム 「独立を問う南部スーダン:住民投票のゆくえと人道支援」

日時 2010年12月18日(土) 14:00~17:30
会場 TKP大手町カンファレンスセンター EASTホール1(東京都千代田区)

難民を助ける会は、2009年1月にシンポジウム「南部スーダン復興の現状と課題」を開催しました。報告書も公開していますので、スーダンでの支援活動に関心のある方はぜひご覧ください。

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)