プレスリリース・お知らせ

1月21日(金)はミャンマー緊急支援報告会へ・サイクロン「ギリ」が残した爪跡

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

メディアでは語られなかった被害の数々

支援物資を嬉しそうに持ち帰るサイクロンの被災者たち

支援物資を受け取った被災者たち。一時交通網がマヒしたため、物資の調達や被災地への搬送も困難を極めました

2008年に発生したサイクロン「ナルギス」の傷跡が今もまだ残るミャンマー西部に2010年10月22日~23日、再び大型サイクロンが襲いかかりました。被災者26万人(国連発表)。一瞬で村を飲み込み、収穫直前の作物が全滅するなど壊滅的な被害を与えた一方で、選挙報道の影に隠れ、日本はおろか、現地メディアでもほとんど報道されることはありませんでした。
1999年以来、現地で支援活動を行っている国際NGO難民を助ける会(AAR JAPAN)(東京都品川区=理事長 長<おさ> 有紀枝)では、サイクロン発生後、即座に現地で緊急支援フィールドチームを結成し、現在も食料を中心とする緊急支援を行っています。
現地の被害状況と現在までの支援活動について、1月19日に帰国する東京事務局職員・林 早苗による報告会を以下の日程で開催します。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

報告会の詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。

【このプレスリリースに関するお問い合わせ】

担当:野際、小林
TEL:03-5423-4511
FAX:03-5423-4450

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)