プレスリリース・お知らせ

11月10日のトルコ地震での当会職員の状況に関するお知らせ

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

(2011年11月11日朝10時半現在)

日本時間2011年11月10日午前4時23分ごろ(現地時間同9日午後9時23分ごろ)、10月23日の大地震の余震とみられるマグニチュード5.7の地震が発生し、国際NGO 難民を助ける会(AAR JAPAN)(東京都品川区=理事長 長(おさ)有紀枝)のスタッフ2名が滞在しているホテルが倒壊しました。滞在していたのは宮崎淳(みやざき あつし)、近内(こんない)みゆきの2名です。

宮崎淳につきましては、日本時間11月10日17時半頃、がれきの中から救出されたものの、病院へ搬送中に亡くなったことが確認されました。現在、ご遺体はワン市内の病院に安置されており、ご帰国の日程などは調整中です。ご家族の現地への渡航につきましては、現在ご家族の方々と検討を続けている状況です。

近内は地震発生から約6時間後に救出され、ワン市内の病院に搬送されました。当会職員とも電話で直接話をし、軽症をおったものの命に別条はないことを確認しています。その後ワンからアンカラへ移送されています。今後はただちにアンカラ市内の病院で診断を受け、健康状態を確認のうえ、帰国のめどを探っていく予定です。現時点では、ご家族が現地に渡航する予定はありません。

事務局次長の大西清人が昨夜10時過ぎに羽田を発ち、日本時間本日20時すぎにワンに到着予定です。到着次第、宮崎さんのご遺体が安置されている病院に向かいます。
また、東京事務局からもうひとりの職員を現地に派遣する予定で準備を進めています。

ご家族の方々のお気持ちはいかばかりかと拝察申し上げます。心からお悔やみ申し上げますとともに、宮崎さんのご冥福を衷心より、お祈り申し上げます。

新たな情報が確認され次第、ご報告を差し上げます。

【このプレスリリースに関するお問い合わせ】

担当:山田・伊藤・秋葉
TEL:03-5423-4511
FAX:03-5423-4450

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)