プレスリリース・お知らせ

世界で一番新しい国、南スーダン・活動報告会を開催します

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

認定NPO法人 難民を助ける会(東京都品川区=理事長 長(おさ)有紀枝)は、2012年3月21日(水)、南スーダン共和国での支援活動報告会を開催します。

南スーダンは、昨年7月住民投票により、スーダンから南部10州が独立して誕生した世界で1番新しい国家です。今年1月から自衛隊が国連PKO部隊に派遣され、日本でも注目が集まっています。

難民を助ける会は同国独立前の2005年より、スーダン北部(スーダン共和国)と南部(現南スーダン共和国)で支援活動を行っています。20年以上に及ぶ内戦の影響で、基礎的なインフラ整備が立ち遅れ、当会が活動している東エクアトリア州(現南スーダン共和国)では、安全な水を手に入れることのできる人の数は、人口の半数以下です。このため難民を助ける会では、井戸の掘削や給水システムの建設を行っています。同時に、衛生状態を向上させるための手洗いやトイレの使用を促進する衛生教育、地元で医療が受けられるよう簡易診療所の運営支援と、保健ボランティアの育成なども実施しています。

独立直後に赴任した駐在員の梅田直希が、独立からこれまでの、そしてこれから必要とされている支援活動について報告します。多くの方々のご参加をお待ちしております。

【このプレスリリースに関するお問い合わせ】

担当:広谷(ひろや)・小川
TEL:03-5423-4511

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)