プレスリリース・お知らせ

11月1日 ISO26000発行3周年記念セミナー

2013年10月02日  お知らせ
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

ISO26000の誕生日をお祝いしましょう!

AAR Japan[難民を助ける会]も幹事団体として参加している「社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(NNネット)」では、ISO26000発行3周年を記念して、社会的責任(Social Responsibility:SR)のこれまでの普及を振り返り、今後のさらなる普及について考えます。

ISO26000は2010年11月1日に、国際標準化機構(ISO)により発行された社会的責任に関する国際規格です。あらゆる組織において社会的責任(SR)を果たすために作られたガイダンス文書であり、6つのステークホルダーによるマルチステークホルダープロセスによって策定されました。

日本でも多くの企業や組織が、この規格の下で、多様なセクターとの対話や社会的責任(SR)の取り組みをはじめました。では、この3年間でSRの概念はどのように普及してきたのでしょうか? それぞれのステークホルダーや組織では、どのようにSR向上を進めているのでしょうか? 今回のセミナーでは、4つのステークホルダーの方々のISO26000に対する具体的な取り組みについてお話を伺います。

ポスターセッションも実施しますので、実際に取り組まれている方と直接対話していただくこともできます。課題解決の具体的なヒントを、ぜひ探しにきてください。賑やかに、ISO26000の誕生日をお祝いしましょう! NPO/NGO関係者の他、企業のCSR担当者の皆さま、学生の皆さま、組織の社会的責任(SR)に関心のあるすべての方のご参加をお待ちしております。

ISO26000発行3周年記念セミナー 「社会的責任(SR)普及の現在地~発行から3年を振り返る」

日時 2013年11月1日(金) 15:30 - 19:30
会場

地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F)

東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線 表参道駅から徒歩5分

プログラム

15:30 オープニング

15:35 キーノートスピーチ(日本ILO協議会 熊谷 謙一氏)

15:55 パネルディスカッション「SRの普及と取り組み」

企 業:株式会社伊藤園 CSR推進本部長 笹谷秀光氏
自治体:国分寺市(依頼中)
※他1名、異なるセクターからのステークホルダーを予定

コーディネーター:NNネット/CSOネットワーク 事務局長 黒田かをり

17:15 ポスターセッション

応募された各団体のSRに関する取組や活動状況をポスター発表します。

17:45 休憩、転換

18:00 交流会/「SR川柳大賞」の発表

参加費

会員・準会員:2,500円

非会員(NPO/NGO):3,500円

非会員(学生):3,000円

非会員(上記以外):5,000円

※交流会の飲食代を含みます。

お申し込み

下記のフォームからお申し込みください。

※定員になった場合のみ、事務局よりご連絡を差し上げます。

主催 社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(NNネット)
公式ホームページ 11/1(金)ISO26000発行3周年記念「SRセミナー~SRとコミュニケーション~SR普及の現在地と今後の展開」

【このお知らせに関するお問い合わせ】

担当:社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク 事務局((特活)日本NPOセンター内) 担当:三本(みつもと)、梶谷
TEL:03-3510-0855
FAX:03-3510-0856

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)