プレスリリース・お知らせ

4/11(金)「地雷対策の現場から―不発弾被害者ナデルが生きる道 サナが守る子どもたちの未来―」

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

地雷汚染国のアフガニスタンとスーダンから現地職員が同時来日

スーダンの少女と現地女性スタッフのサナ

よりよい教材を作るため、活動地域の少女に試作品の感想を聞くスーダン人スタッフのサナ(右)

4月11日(金)、アフガニスタンとスーダンからAAR Japan[難民を助ける会]の現地スタッフが来日し、自分たちの経験談を交えながら、地雷問題の現状やAARの活動についてお話しします。

世界有数の地雷・不発弾汚染国であるアフガニスタンで生まれたナデル・シャー(28歳)は、9歳のときに不発弾被害に遭い、両腕と右目を失いました。小学校を卒業したあと、AARをはじめとする団体の支援を受けながら勉強を続け、今はAARアフガニスタン事務所の会計を担当としています。

スーダン事務所で働く女性スタッフのサナ・バシール・イブラヒム・エルナウ(29歳)は 2008 年にAARに入職し、村々をまわって地雷や不発弾被害に遭わないための講習を行っていました。現在は首都のハルツーム事務所で、現場の経験を活かして、地雷回避教育の教材作成を担当しています。

地雷や不発弾の被害者として、また、イスラム国の女性として、地雷対策活動を行う彼らの苦労とやりがいをお話しします。20 代の彼らが語る、リアルなアフガニスタンとスーダンを知ってください。

※日英逐次通訳付き

4/11(金)「地雷対策の現場から―不発弾被害者ナデルが生きる道 サナが守る子どもたちの未来―」

【このプレスリリースに関するお問い合わせ】

担当:本多・松本
TEL:03-5423-4511
FAX:03-5423-4450
フォームでのお問い合わせ

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)