プレスリリース・お知らせ

9月7日(日)AARスタッフが長崎で国際協力を語ります

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

国際協力に関する長崎市での講演会にAAR駐在員が登壇

講演会チラシ

クリックするとチラシを拡大します

AAR ミャンマー駐在員の北朱美が一時帰国し、出身地長崎県で開催されるイベントで、ミャンマーでの障がい者支援活動についてお話しします。国際協力の現場で見たこと、感じたことを、直接地元の方々にご報告します。

当日は北を含め3名が登壇し、途上国の障がい者支援についてそれぞれの体験を語ります。入場無料です。お近くにお住まいの皆さま、ぜひお立ち寄りください。たくさんの方のお越しを、心よりお待ちしています。

※AAR35周年特別企画 「あなたの町でお話ししています! 国際協力の最前線」の一環です。

長崎から世界に羽ばたいた若者と話そう!
途上国の障がい者とともに。 ~わたしにできるコト~

日時

2014年9月7日(日)午後1時30分―午後4時00分

会場

出島交流会館 2階研修室
(長崎県長崎市出島町2-11)
長崎電軌「出島」または「市民病院前」より徒歩3分

参加費

無料

お申込み方法

JICA デスク長崎(ご担当:木村様宛て)まで、メールまたはFAXにて、
(1)お名前、(2)年齢、(3)参加人数、(4)電話番号、(5)「9月7日 国際理解講座申込」と明記の上、お申し込み下さい。

メール: jicadpd-desk-nagasakiken@jica.go.jp

FAX:095-822-1551

定員

80名

共催

JICA(国際協力機構)九州

長崎県国際交流協会

press1408_1564_1kita.jpg

北朱美(きた あけみ)

2012 年2 月よりAAR ミャンマー・ヤンゴン事務所駐在。臨床検査技師として病院に勤務した後、カナダとタイで公衆衛生を学ぶ。帰国後、AAR へ。駐在代表として、ミャンマー人スタッフ約50 名をまとめ、AAR のヤンゴンでの活動を統括する。長崎県諫早市出身。「国際協力を通して、地元長崎のみなさんとミャンマーをつなげたいです」

【このお知らせに関するお問い合わせ】

担当:小川祐子
TEL:03-5423-4511

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)