プレスリリース・お知らせ

「南スーダン_これまでの歩みと課題」 国連訓練調査研究所(UNITAR)のセッションにAARの角谷亮が登壇します

2016年01月12日  お知らせ
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

1月20日(水)、南スーダンに関する国連訓練調査研究所(ユニタール)主催の公開セッションに、AAR Japan[難民を助ける会]の角谷亮が登壇します。現地での10年に亘る活動を活かし、南スーダンのこれまでの歩みや、現在直面している課題についてお話しします。
ぜひお越しください。

AARは、2005年から昨年12月まで、南スーダンで給水施設の建設などの支援を行ってきました。角谷は2010年4月から2013年12月まで、南スーダン事務所で駐在員として支援活動に従事していました。

第86回ユニタール公開セッション 南スーダン_これまでの歩みと課題

日時

2016年1月20日(水)午後6時30分―午後8時30分

会場

国連大学2階 レセプション・ホール
(東京都渋谷区神宮前5-53-70) 
JR渋谷駅から徒歩10分東京メトロ銀座線/半蔵門線/千代田線「表参道駅」B2番出口から徒歩5分

参加費

無料

主催

国連ユニタール広島事務所

公式ホームページ

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)