プレスリリース・お知らせ

11/3(土)、日本国際政治学会「2018年度研究大会」で、AARの福井美穂が研究成果を発表

2018年10月31日  お知らせ
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

AAR Japan[難民を助ける会]は、独立行政法人国際協力機構(JICA)研究所の研究プロジェクトに参加し、紛争とジェンダーに基づく暴力(Gender-based violence:GBV)について調査研究を行いました。
ウガンダに避難する南スーダン難民を対象に調査を行ったAARの福井美穂が、一般財団法人 日本国際政治学会が開催する「2018年度研究大会」(2018年11月2日~4日)で研究成果を発表します。

日本国際政治学会の「2018年度研究大会」

日時 2018年11月2日(金)~4日(日)

福井の発表は 11/3(土)午後1時30分~3時10分、分科会セッションCで実施します。
会場 大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5) 
JR・東武野田線 大宮駅西口徒歩3分
大会参加費 3,000円(学生は無料)
申込み

11月2日(金)12時から会場(総合受付、ソニックシティ・ホール4階)にて受け付け

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)