プレスリリース・お知らせ

2/2(土)よこはま国際フォーラム2019で、「TICADタウンミーティング~なんでも聞こうTICADのこと~」を開催します

2019年01月23日  お知らせ
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録
連続講座のチラシ

画像をクリックするとチラシ(PDF)をご覧いただけます

2019年8月、日本政府が主導するアフリカ開発に関する国際会議「TICAD:Tokyo International Conference on African Development」が横浜で開催されます。
AAR Japan[難民を助ける会]は、TICADの取り組みや、アフリカと日本の市民の声を届ける「市民ネットワーク for TICAD(通称:Afri-Can)」に参加しています。同ネットワークは、8月の会議に向けて、2月2日(土)、3日(日)に横浜で開催される「よこはま国際フォーラム2019」で、公開講座を実施します。

公開講座「TICADタウンミーティング~なんでも聞こうTICADのこと~」では、TICAD委員会委員長や、外務省、横浜市の職員が登壇し、TICADの意義や期待について発表します。参加者からの質疑応答時間もあります。講座に参加して、日本とアフリカのこれからについてともに考えませんか。

よこはま国際フォーラム2019では、国際協力や多文化共生に関する約50講座が開催されます。ワークショップや国際協力相談コーナー(無料)のブースもあります。ぜひご来場ください。

よこはま国際フォーラム2019の詳細はこちらから

「TICADタウンミーティング~なんでも聞こうTICADのこと~」プログラム

    • ピエール・ゼンゲ カメルーン大使(在京アフリカ外交団TICAD委員会委員長)「アフリカから見たTICAD、日本、そして横浜」
    • 紀谷昌彦氏(外務省アフリカ部参事官)「今改めて問う、TICADを開催する意義」
    • 名倉直氏(横浜市アフリカ開発会議担当部長)「横浜から見たアフリカ、そしてTICAD」
    • 参加者からの質疑応答
    • ※ピエール・ゼンゲ大使の発表・発言には逐次通訳がつきます

    2/2(土)3(日)よこはま国際フォーラム2019

    日時 2019年2月2日(土)3(日)午前11時ー午後5時10分
    Afri-Canのセミナー「TICADタウンミーティング~なんでも聞こうTICADのこと~」は、2/2(土)午前11時~午後0時50分。会場は4F"かもめ"です。
    会場

    JICA横浜
    (神奈川県横浜市中区新港2-3-1)

    JR桜木町駅、関内駅北口より徒歩15分、みなとみらい線馬車道駅より徒歩8分
    ※駐車場はありません。お車でお越しの方は、周辺の有料駐車場をご利用ください。
    参加費 事前申込:500円(1日につき)、当日申込:700円(同)
    ※事前申込優先
    ※高校生以下は無料
    お申し込み

    よこはま国際フォーラム2019のホームページよりお申し込みください。
    事前申込期間:1月4日(水)~1月30日(水)

    主催、お問い合わせ よこはま国際フォーラム2019プロジェクト

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)