プレスリリース・お知らせ

3/11(木)連続ウェビナー 「顧みられない熱帯病対策:世界の潮流と日本の経験」に、AAR北朱美が登壇

2021年02月24日  お知らせ
RSS

「顧みられない熱帯病(Neglected Tropical Diseases: NTDs)」とは、主に途上国の貧困層を中心に蔓延している寄生虫、細菌、ウイルス等による感染症の総称です。
顧みられない熱帯病対策アライアンス(JAGntd)が主催する連続ウェビナー第6回のテーマは、マイセトーマ対策です。マイセトーマは、土壌から特殊な菌が手足の傷口を経由して体内に入り、筋肉や骨を徐々に侵していく感染症で、NTDsの中でも最も顧みられていないと言われています。
当ウェビナーでは、AARがスーダンで取り組んでいるマイセトーマ対策について、プログラムマネージャーの北朱美が報告します。ぜひご参加ください。

■連続ウェビナー第6回「顧みられない熱帯病対策:世界の潮流と日本の経験」

日時

3月11日(木) 13時30分~14時45分

会場 オンライン開催
参加費

無料

主催

顧みられない熱帯病対策アライアンス(JAGntd)

後援

グローバルヘルス技術復興基金(GHIT Fund)

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)