プレスリリース・お知らせ

AAR Japanのミャンマーにおける活動について(3/19更新)

2021年03月19日  お知らせミャンマー
RSS

いつもAAR Japan[難民を助ける会]の活動に温かいご理解とご協力を賜り、心より御礼申し上げます。
報道等を通じて多くの方々がご存じのとおり、ミャンマーで暮らす人々の生活は大きく変わりました。この度、命を落とされた方々、怪我をされた方々に心からお見舞いと哀悼の意を表します。

当会は、ミャンマーで2000年に活動を開始し、今はヤンゴンとカレン州パアン2つの事務所をベースに活動しています。ヤンゴン・パアン両事務所で勤務する日本人駐在員3名は、新型コロナウイルス感染症の影響で昨春より全員日本に一時退避中です。現在も、現地職員と毎日連絡を取りながら、安全を最優先に活動を続けています。

また、現地職員43名だけでなく、受益者の安全も確認しております。3月に入ってからも、最新の治安情報を収集しながら、ヤンゴン事務所では障がい者のための職業訓練校の卒業生や「子どもの未来(あした)プログラム」を通じて支援している障がい児の、パアン事務所では自助団体のメンバーをはじめとした障がいのある方々の安否確認を続けています。また、こういった状況下でも、可能な限りの事業運営を行えるよう、在宅勤務を中心とした体制で進めております。

昨年から続く新型コロナ感染症の拡大に加えて、2月以降急激に変化した情勢により収入が絶たれた国民も少なくありません。とりわけ、社会的に弱い立場に置かれがちな障がい者の生活は、厳しさを増しています。

当会では、2020年より、ミャンマーにおけるコロナ禍の下での緊急支援として、障がい児・者、そしてその家族に対して食糧や衛生品の配付を行ってきましたが、その必要性はさらに大きくなりました。今後も、職員の安全を確保しながら、物資の配付をはじめ、ミャンマーで弱い立場に置かれている方々、お困りの方々が必要としている支援活動を継続する予定です。ご質問などには、個別にご連絡させていただきますので、いつでもお問い合わせください。

皆様の温かいご理解に、重ねて御礼申し上げます。これからもご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
事務局長 堀江良彰
(2021年3月19日)

【本件に関するお問い合わせ先】ミャンマー事業統括 野際紗綾子 (03-5423-4511)

報道されている通り、ミャンマー国内で非常事態宣言が発令され、現地は緊迫した状況にあります。
AAR Japanヤンゴン、パアン両事務所の日本人駐在員は新型コロナウイルス感染拡大を受けて日本に一時帰国中で、現地スタッフとは2月1日現在連絡が取れています。
当会は今後も安全に充分留意しながら支援活動を続けてまいります。
(2021年2月1日)

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ

難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)