TOPへ TOPへ  
[ サイトマップ ] [ TOPページ ]
会の紹介 活動内容 ご協力方法 ショップ Q&A 活動の記録  
ライブラリー
活動報告
駐在員日記
イベント・キャンペーン
お知らせ・プレスリリース
募金はこちら
イベント情報
サニーちゃんグッズショップ
資料請求
メールマガジンの購読
サイト内検索
夢うさぎ
難民を助ける会を支援するお店
さぽうと21
在日外国人を支援する
社会福祉法人
イベント情報

ザンビア活動報告会

エイズの脅威に地域で立ち向かおう
〜ザンビアにおけるHIV/エイズ対策活動〜

2010年4月23日(金) 午後6時30分から 
会場:難民を助ける会事務所3階にて

お蔭さまで沢山の方にご参加いただき盛況のうちに終了しました。
感謝いたします。

高校生グループと啓発活動について話し合う芦田駐在員
「みんなに届くメッセージを」 高校生グループと地域での啓発活動について話し合う芦田駐在員(右手前)

国際NGO難民を助ける会(AAR JAPAN)(東京都品川区=理事長 長 有紀枝<おさ ゆきえ>)は、4月23日、ザンビアでHIV/エイズ対策活動に、5年にわたり取り組んでいる駐在員・芦田崇による活動報告会を開催します。

ザンビアでは成人(15〜49歳)の6人に1人がエイズウィルス(HIV)に感染しています。親を亡くした多くの子どもたちが経済的に困窮し、学校に通うこともままならないなど、HIV/エイズが社会に様々な脅威を及ぼしています。

難民を助ける会では、エイズで親を亡くした子どもの就学支援や啓発活動、HIV陽性者による自助組織の支援など、幅広い取り組みを行ってきました。HIV感染率の高さが世界で10位内に入るザンビアでの、継続した支援の必要性、まだまだ厳しい現実などについて、芦田が報告します。

多くの皆さまのご参加をお待ちしております。


【日 程】423日(金) 午後630分〜830分(午後6時開場)
【会 場】 難民を助ける会事務所3階会議室 
(東京都品川区上大崎 2−12−2 ミズホビル3F) 
JR/東急目黒線/東京メトロ南北線/都営三田線 目黒駅から徒歩2分
事務所への地図はこちら
【参加費】
無料
【お申込方法】 こちらのお申込フォーム、またはお電話(03-5423-4511)で事前にお申込ください。

 報告者 プロフィール
角谷 亮
●芦田 崇(あしだ たかし)

2005年3月よりザンビア駐在。大学卒業後、国家公務員として社会保障政策の実務に携わり、その後大学院で社会開発学を学ぶ。NGOの一員としてジンバブエやタイでエイズ問題に取り組んだ後、難民を助ける会へ。37歳。(大阪府出身)
難民を助ける会は、政治・宗教・思想に偏らずに活動する、国連認定の国際NGOです。1979年に相馬雪香前会長がインドシナ難民支援を目的に設立し、これまで55を超える国・地域で支援活動を実施。現在は緊急支援、障害者支援、地雷対策・感染症対策・啓発を中心に活動に取り組んでいます。地雷廃絶キャンペーン絵本『地雷ではなく花をください』5巻シリーズはこれまで58万部を発行。1997年に地雷廃絶国際キャンペーン(ICBL)メンバーとしてノーベル平和賞を共同受賞、2008年には第4回沖縄平和賞を受賞しました。
ページTOPへ
前のページに戻る
サイトマップ難民を助ける会とはプライバシ-ポリシー資料請求・お問い合せリンク集
Copyright©1996-2003 Association for Aid and Relief,Japan, all rights reserved.