TOPへ TOPへ  
[ サイトマップ ] [ TOPページ ]
会の紹介 活動内容 ご協力方法 ショップ Q&A 活動の記録  
ご協力方法
募金・ご入会
ボランティア
スタッフ募集
イベントに参加
職場・グループで
学校で
他にもいろいろ
企業としてのご協力
ご協力くださった方々
募金はこちら
イベント情報
サニーちゃんグッズショップ
資料請求
メールマガジンの購読
サイト内検索
夢うさぎ
難民を助ける会を支援するお店
さぽうと21
在日外国人を支援する
社会福祉法人
ご協力くださったグループのご紹介
新理事はこんな人
 

上野 博(うえの ひろし)理事  きょうされん(※1) 国際交流アドバイザー

上野博理事
上野博理事
【プロフィール】横浜市出身。早稲田大学商学部卒業後、1987年より障害者福祉の仕事に従事。20年間にわたり障害者授産施設の経営に携わり、現在は障害分野の国際交流を推進。

「これまでの経験を障害者支援に活かしたい」

私は生後2歳で脊髄性小児マヒ(ポリオ)に罹患し、両下肢に障害が残りました。5、6年ほど前よりポストポリオ症候群(※2)が悪化し、完全に車イスの生活となりました。

22年前に障害者福祉の仕事に出会ってから、これ以外に自分の仕事はないと思ってやってきました。ホームグラウンドは障害者の就労分野です。授産施設という障害者が働く現場で20年間、身体障害、知的障害、精神障害をもつ仲間たちと毎日楽しく働いてきました。

本職とは別に、20年以上にわたって海外、特に途上国の障害者との交流も続けてきました。世界の多くの国で活躍する障害をもつ友人たちは、私のかけがえのない財産です。

改めて振り返ると、多くの面で「難民を助ける会」の活動と私のこれまでの仕事とが重なることに驚きます。もちろんスケールの違いはありますが、私の微々たる経験が、これから主に障害者支援の領域で、お役に立てば幸いです。私も会の長年の経験からたくさんのことを学ばせていただこうと、とても楽しみにしています。

※1きょうされん:旧称 共同作業所全国連絡会。成人期の障害のある人たちが地域で働く・活動する・生活することを応援する事業所の全国組織
※2ポストポリオ症候群:運動マヒの後遺症があっても元気に日常生活を送っていたポリオ経験者に、4、50代で新たに筋力低下などの症状が現れるもの

 

 

難民を助ける会の組織についてはこちらをご覧ください
前のページに戻る
サイトマップ難民を助ける会とはプライバシ-ポリシー資料請求・お問い合せリンク集
Copyright©1996-2003 Association for Aid and Relief,Japan, all rights reserved.