プレスリリース・お知らせ

11月10日のトルコ地震での当会職員の状況に関するお知らせ(11日21時半現在)

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

(2011年11月11日21時半現在)

 

日本時間2011年11月10日午前4時23分ごろ(現地時間同9日午後9時23分ごろ)、マグニチュード5.7の地震が発生し、国際NGO 難民を助ける会(AAR JAPAN)(東京都品川区=理事長 長(おさ)有紀枝)のスタッフ2名が滞在しているホテルが倒壊しました。滞在していた宮崎淳(みやざき あつし)はがれきの下敷きとなって亡くなり、近内(こんない)みゆきは負傷したものの命に別条はありませんでした。

宮崎さんのご遺体は現在、検死のため、ワンからビトリス(Bitlis)の病院に移っています。事務局次長の大西清人が日本時間本日午後8時すぎ、ワンの空港に到着し、現在、車で3時間ほどのビトリスの病院に向かっています。ご家族の方々におかれましては、日本でご遺体をお迎えするご意向です。ご遺体の帰国の日程は調整中で、到着空港も未定です。

近内は日本時間本日午前5時半過ぎ(現地時間10日午後10時半過ぎ)、アンカラに搬送されました。現在はアンカラ市内の病院に入っています。医師の診断を待って、帰国の日程を確定する予定です。本日午後9時半の時点では、まだ確定できておりません。また、ご家族が現地に渡航する予定はありません。

東京事務局の太田夢香は、本日、日本時間午後2時過ぎ、成田を出発し、現地に向かいました。11月12日午前6時過ぎ(現地時間の11日午後11時過ぎ)、アンカラに到着予定です。到着次第、近内の滞在先に向かう予定です。

難民を助ける会東京事務局では、テレビニュースなどで被災を知ったトルコの皆さまから支援活動への感謝と弔慰、励ましのメールを多数頂戴しており、その数はすでに300通を超えております。心よりの感謝とともにご報告させていただきます。

新たな情報が確認され次第、ご報告させていただきます。

【このプレスリリースに関するお問い合わせ】

担当:山田・伊藤・秋葉
TEL:03-5423-4511
FAX:03-5423-4450

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)