AAR Japanについて

AAR Japan[難民を助ける会]は1979年に、インドシナ難民を支援するために、 政治・思想・宗教に偏らない市民団体として、前会長の相馬雪香が設立を呼びかけました。 1979年以来の活動実績を持ち、国連に公認・登録された国際NGOです。

AARの特長

政治・思想・宗教に偏らない

政治・思想・宗教に偏らずに活動することを基本理念としています。そのため、政府や国連などの公的資金にできるだけ依存しないように努めています。

より弱い立場の方へ支援の手を

海外で支援活動を行う際には、困難な状況下にある人々の中でも、さまざまな理由から、より弱い立場にある方々を、長期的な視点をもって支援していくことを中心に考え、活動を行っております。

これまでに60以上の国・地域で活動

タジキスタン パキスタン アフガニスタン トルコ シリア ウガンダ ザンビア ケニア 日本 ミャンマー ラオス ネパール カンボジア バヌアツ スーダン ハイチ ギリシャ

これまでの活動国
フィリピン、スリランカ、アンゴラ、レバノン、マレーシア、タイ、フィリピン、ベトナム、バングラデシュ、南スーダン、ジンバブエ、エルサルバドル、タンザニア、クロアチア、セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア、イラン、ハンガリー、インドネシアなど

私たちの活動

緊急支援

災害や紛争が起こった際に、被災者や難民に対し、防災や減災、レジリエンス(復元力の強化)の視点をもって、緊急支援を行います。

詳細

障がい者支援

地雷被害者を含む障がい者のための車いす製造・配布や、職業訓練、理学療法、インクルーシブ教育支援、災害時支援、地域に根差したリハビリテーション(CBR)を実施しています。

詳細

地雷対策

地雷や、クラスター爆弾などの不発弾の被害にあわないための教育や、被害者支援、除去支援などの対策を行っています。

詳細

感染症対策

HIV/エイズ対策やマラリア予防などの感染症対策を行っています。

詳細

啓発

世界の現状への理解を促進するため、日本国内ではイベントや講演会などの活動を積極的に行っています。

詳細

ICBLのメンバーとしてノーベル平和賞受賞も

1997年には、地雷禁止国際キャンペーン(ICBL)の主要メンバーとしてノーベル平和賞を共同受賞しました。他にも、1999年に読売新聞国際協力賞受賞、2008年に沖縄平和賞受賞。また1998年には、国連経済社会理事会(ECOSOC)の特殊協議資格を取得しております。

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450