イベントに参加する

11月14日(水)アフガニスタンの地雷対策授業を受けてみませんか?

2012年11月14日 (水)  報告会
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

下記のイベントは終了/申込受付終了いたしました。

最新イベント情報
地雷ポスターを使って説明するカブール事務所スタッフ

地雷回避教育の実演を体験してください。本物の地雷の展示も行います(昨年の報告会の様子)

1979年のソ連侵攻以来断続的に紛争の続いてきたアフガニスタンでは、地雷・不発弾による一般市民の被害が深刻です。2010年には1,211人が地雷・不発弾などが原因で死亡または負傷しており、この被害者数は世界最悪です。AAR Japan[難民を助ける会]は2002年にアフガニスタンの首都カブールに事務所を開設し、地雷・不発弾対策活動を行っています。

11月14日、AARカブール事務所より3名の現地スタッフが来日し、地雷対策事業の最新情報をお伝えする活動報告会を開催します。アフガニスタン各地で開催している地雷対策授業の実演を中心に、今年4月から開始した成人女性向けの啓発活動などについてもお話しします。現地で日々地雷問題に取り組むスタッフによる報告が聞ける貴重な機会です。多くの方々のご参加をお待ちしております。

アフガニスタン地雷・不発弾対策 活動報告会

日程

2012年11月14日(水)

時間

午後6時30分~8時00分

会場

AAR Japan[難民を助ける会]事務所3階会議室
(東京都品川区上大崎 2-12-2 ミズホビル3F)
JR/東急目黒線/東京メトロ南北線/都営三田線 目黒駅から徒歩2分

参加費 無料
定員 50名(先着順、要事前申し込み)
内容(予定)
  • アフガニスタンにおける地雷・不発弾問題の現状とAARの取り組み
  • テレビ・ラジオ番組を通じた啓発活動について
  • 地雷教室の実演
  • 成人女性向けの地雷回避教育について

※逐次通訳つき

報告者紹介

バシール・バーセル

カブール事務所スタッフの集合写真

AARカブール事務所のスタッフ達。前列左端がバシール、後列赤いジャンパーがサイード・ナジール、前列右端がアウラング。旗の後ろ、白いスカーフは東京事務局の古川千晶(2012年9月)

地雷回避教育事業の中心として、全体の統轄、教材の作成などを担当。

サイード・ナジール・ハシェミ

 

地雷対策授業の実施・進行を担当。

アウラング・サリヒー

 

テレビ・ラジオを通じた地雷回避教育を担当。

古川千晶

 

東京事務局にてアフガニスタン事業を担当。大学卒業後、人材コンサルティング会社などを経てイギリスの大学院で国際開発学を学ぶ。帰国後、AARへ。2010年10月より2011年12月までハイチに駐在。2012年9月にアフガニスタン・カブールを訪問。

< イベントに参加するトップに戻る

イベントなど最新情報をお知らせします

現地からの活動報告やイベント予定など、難民を助ける会の最新情報を毎月お届けします。

無料メールマガジン登録
ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450