イベントに参加する

7/2(水)独立から3年 南スーダン駐在員帰国報告会

2014年07月02日 (水)  
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

下記のイベントは終了/申込受付終了いたしました。

最新イベント情報

独立から3年 南スーダンの平和をあきらめない―駐在員・梅田直希とジャーナリストからの報告―

event1407_1517_southsudan.jpg

カクマ難民キャンプで南スーダンの子どもに話を聞く梅田直希(左)。梅田自身も首都ジュバで昨年末の戦闘に遭遇した

20数年にわたる内戦の末、2011年7月に独立した南スーダン共和国。昨年末、新しい国造りに奮闘する人々を襲ったのは、120万人もの避難者を生む新たな戦闘でした。

報告会ではジャーナリストの中坪央暁氏(国際開発ジャーナル社)が、複雑な紛争の歴史をわかりやすく解説。そして2年9か月の駐在を終えて帰国した梅田直希が、今回の戦闘でケニアのカクマ難民キャンプに逃れた南スーダン難民の現状と、今求められる支援を報告します。

「昨年末の戦闘で、南スーダンの人々は再び恐怖と混乱の中に投げ込まれてしまいました。でも、私は3年間の活動を通じて、人々のたくましさを実感してきました。だから希望を失わずに、 これからも支援を続けていきます。報告会では、窮地の中でもがんばる彼らの姿を伝えたいです」(梅田直希)

独立から3年 南スーダンの平和をあきらめない―駐在員・梅田直希とジャーナリストからの報告―

日時

2014年7 月 2 日(水) 18:30-20:30 (開場18:00)

会場

3×3 Labo(さんさんらぼ)

東京都千代田区丸の内3-2-3 富士ビル3F
JR・地下鉄「有楽町駅」徒歩5分、地下鉄「二重橋前駅」「日比谷駅」徒歩1分

参加費

無料  ※募金にご協力お願いします

定員

80名(先着順、要事前申し込み)

主催

AAR Japan[難民を助ける会]

協力

エコッツェリア協会

発表者

event1306_1152_5nakatsubo.jpg

中坪 央暁氏(なかつぼ ひろあき)

国際開発ジャーナル編集委員。全国紙ジャカルタ特派員、編集デスクなどを経て現職。インドネシア、東ティモール、アフガニスタン、パキスタンなどの紛争地を取材。2009年以降、国際協力機構(JICA)から派遣され、ウガンダ北部の平和構築支援、南スーダンの国造り支援を継続取材している。編著「UGANDA通信~北部復興支援の現場から」(国際開発ジャーナル社)、共訳「世界の少数民族~危機にたつ人びと」(明石書店)など。

event1407_1517_umeda.jpg

梅田 直希(うめだ なおき)

AAR Japan[難民を助ける会]元南スーダン事務所駐在員
2011年8月より南スーダン駐在員として水・衛生事業に携わる。2014年5月に任期を終え、現在は東京事務所で支援事業を担当。短大卒業後、イギリスの大学に留学し開発学とアフリカ学を専攻。民間企業勤務、ウガンダでのボランティア活動を経てAARへ。愛知県出身。

< イベントに参加するトップに戻る

イベントなど最新情報をお知らせします

現地からの活動報告やイベント予定など、難民を助ける会の最新情報を毎月お届けします。

無料メールマガジン登録
ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450