イベントに参加する

7/15(火)フィリピン台風被災者支援の現場から 駐在員帰国報告会

2014年07月15日 (火)  報告会
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

下記のイベントは終了/申込受付終了いたしました。

最新イベント情報

駐在員の168日 ― 支援のジレンマを乗り越えて

rpt1406_1537_3.jpg

セブ島北部の離島、人口約2,700人のボティゲス島で家屋修繕資材を配付した船越雄太(手前)。島民と協力して資材を運んだ船を島に寄せる(2014年2月20日)

2013年11月8日、フィリピン中部を襲った観測史上最大規模の台風30号は、死者・行方不明者合わせて7,300人以上、被災者約1,200万人という甚大な被害をもたらしました。AAR Japan[難民を助ける会]は、同年11月14日より被災者支援活動を行っています。

駐在員の船越雄太(31歳)は、今年1月15日よりセブ島北部やレイテ島タクロバン市などで、障がい者など特に支援から取り残されがちな方々に家屋修繕資材などを届けました。凄まじい状況を前に被災したすべての人を助けたいという思いが募るのに、それができないもどかしさ。「AARだからできる支援」とは何か、自らに問いかけながら走り続けた168日間をお話しします。

  フィリピン台風被災者支援の現場から 駐在員の168日 ― 支援のジレンマを乗り越えて

日時

2014年7月15日(火)19:00~20:30 (開場18:30)

会場

AAR事務所 3F交流スペース
(東京都品川区上大崎 2-12-2 ミズホビル3F) 
JR/東急目黒線/東京メトロ南北線/都営三田線 目黒駅から徒歩2分

参加費

AAR会員・マンスリーサポーター 無料 / 一般 500円
(※参加費は資料代およびフィリピン台風被災者支援をはじめとした緊急支援活動のために活用させていただきます。)

定員

50名(先着順、要事前申し込み)

主催

AAR Japan[難民を助ける会]

rpt1406_1537_funakoshi.jpg

船越 雄太(ふなこし ゆうた)

2014年1月よりフィリピン事務所駐在。大学卒業後、保険会社に5年間勤務。英国の大学院で紛争解決学を学び、帰国後AARへ。「最近はフィリピンの皆さんに顔も覚えてもらい、『ユウタ!資材本当にありがとう。うちの家完成したから見に来て』と声をかけてくれる方もいます。こうした言葉に力をもらっています」。千葉県出身

< イベントに参加するトップに戻る

イベントなど最新情報をお知らせします

現地からの活動報告やイベント予定など、難民を助ける会の最新情報を毎月お届けします。

無料メールマガジン登録
ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450