活動ニュース

おかげさまで大盛会!チャリティコンサート「1+235本のトランペット大集合」

2010年09月06日  啓発
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

9月1日(水)サントリーホール(東京都港区)にて、チャリティコンサート「1+235本のトランペット大集合」を開催しました。

トランペット奏者のエリック・オービエ氏の指揮のもと、オルガン奏者にティエリー・エスケッシュ氏、特別ゲストとしてティンパニ奏者の菅原淳氏をお迎えし、一般から募集したトランペット愛好家など計236本のトランペットが鳴り響く盛大なコンサートとなりました。東京藝術大学の杉木教授、桐朋学園大学の田宮教授、エリザベト音楽大学の山城教授、洗足学園大学の曽我部先生などをはじめ、音楽界で活躍するプロのトランペッターの方々や、音楽大学の学生の皆さまにも格段のご指導をいただき、感謝申し上げます。

オービエ氏がフランスの教会で成功させた「1+100本のトランペット」という催しをヒントに、日本でも開催を企画。新聞などで参加者を募集したところ、300人を超える方々からのお申し込み、お問い合わせをいただき、会場となるサントリーホールのステージを限界まで使い、235名にご参加いただくことになりました。

235名のと奏者がステージに並びました

おそろいのTシャツを着た奏者がステージに並んだ光景は圧巻です

トランペットを始めて間もない初心者からプロの演奏家、北は北海道、南は沖縄から8歳から75歳まで、職業も年齢も出身地も異なる235名による大迫力の演奏に、会場も興奮と熱気に包まれました。当日は、秋篠宮同妃両殿下のご来臨を賜り、会場は大いに盛り上がりました。ご来場、ご出演、ご協力くださったすべての皆さまに心より感謝申し上げます。

皆さまのおかげをもちまして、公演の純益と当日お寄せいただきましたご芳志はあわせて4,204,043円となりました(9月13日現在)。衷心より深く御礼申し上げます。

トランペット奏者として出演くださった方々から多数の感想が寄せられています。一部を紹介いたします。

  • 趣味でやっているトランペットがチャリティーコンサートにつながったことはとても嬉しいことでした。貴重な体験をさせていただきありがとうございました。(30代・派遣社員)
     
  • あの興奮は 一生ものです。(60代・開業医)
     
  • たくさんの仲間と交流ができましたし、何より難民支援に貢献できたことに感慨深いものを感じました。トランペットの音は平和の象徴です。その意味においては今回のコンサートは非常に意味の深いコンサートだと思いますし、そのステージに立てたことが、生きる自信につながると思い、とても感謝しています。(30代・フリー奏者)
     
  • コンサートでは大変お世話になりました。地雷のこと、楽器を演奏する事で困っている方のお役に立てること、オービエさんや日本人の先生方のご指導など、全てが小学生の息子には大きな勉強になりました。もう皆には会えないんだね、と寂しがっております。素晴らしい機会を与えていただきまして、どうもありがとうございました。(小学生の参加者のお母さま)
     
  • ほとんど素人同然の私が、世界的な奏者やN響楽団員の方々などそうそうたるメンバーと同じステージに立てただけで、そしてあのサントリーホールで演奏できただけで本当に光栄です。あれだけの人数の調整をなさるには、私なんかでは想像もつかないくらいのご苦労とご尽力があったことと思います。素晴らしい時間を共有させていただけたこと、感謝しております。(30代・看護師)
     
  • 娘は,昨日の演奏会終了後「たくさんの人に支えられて演奏出来たこと」「ひとりの思いが集まると素晴らしい音になること」などなどたくさんの想いを実感できたように思います。
    これからも、小さなひとりの力が大きな力になる事を胸に、本人が出来ることを地道に重ねて「人や社会に役に立つ」人生を歩んでほしいと切に思いました。また、著名な先生方の分け隔てない指導にふれることが出来たことも良い学びになりました。小さな娘の声にこたえてくださいまして、演奏会に参加させていただいたことを感謝いたします。(中学生の参加者のお母さま)
     
  • この度は大変お世話になりました。お蔭さまで二人の人生に掛け替えのない思い出を創ることができました。たとえ夫婦二人の微力でも、世の中の役に立つことを地道に実行していきたいと思います。ほんとうにありがとうございました。(50代・夫婦でご参加)
     
  • 息子は、心から、楽しく嬉しい体験だったようで、(地雷で)足をけがした人も一緒にトランペットが吹けると、痛いのをちょっと忘れてもらえるんじゃないかなあ。としきりと言っていました。沢山の人と一緒に吹けて、ぼくって超幸せだと思うの。と、本当にお世話になりました。ありがとうございます。(小学生の参加者のお母さま)
大勢のと奏者に囲まれて演奏するオービエ氏

オービエ氏の演奏に、会場も参加者もうっとり

トランペットとオルガンの共演

オービエ氏とオルガンのエスケッシュ氏

出演者全員が着用したオリジナルTシャツを限定販売

エリック・オービエ氏をはじめ、出演者全員がコンサートで着用したオリジナルTシャツを限定販売します。イラストは絵本作家の葉祥明さん、剪画家の石田良介さんが特別にご協力くださいました。日本製で久米繊維工業株式会社作製の、素敵なTシャツです。
ご注文はこちらから。

< 活動ニューストップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)