活動ニュース

熊本地震:発災から一ヵ月。「聞こえない声」に耳を傾ける

2016年05月14日  日本緊急支援
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

一人ひとりに寄り添って

rpt1605_2051_1furukawa.jpg

福祉避難所「いこいの里」の女性(83歳)から話を聞くAARの古川千晶(右)(2016年5月8日)

AAR Japan[難民を助ける会]は熊本地震発生翌日の4月15日に緊急支援チームを派遣し、その晩よりNPO法人ピースプロジェクト(代表:加藤勉AAR理事)とともに炊き出しを開始、野菜不足を解消できるようポトフ、豚汁といったメニューで34回計17,730食を提供しました(5月8日時点)。また、5月8日までに、避難所5ヵ所(熊本市、阿蘇市、益城町、西原村)、福祉施設11ヵ所(熊本市、西原村、南阿蘇村、大津町、御船町、益城町、嘉島町)に支援物資を届けました。
熊本地震の発生から1ヵ月が経ちましたが、長引く避難生活とともに、ニーズは日々変化しています。

これまで国内外で緊急支援を行ってきた経験から、AARが学んだことがあります。それは「先を読んだ支援」と「聞こえない声に耳を傾けること」です。前者は例えば、赤ちゃん用の紙おむつが大量に避難所に届けられているなかで、高齢の方々のための成人用のおむつも届けたり、土足で出入りしていた避難所で、衛生状態が悪化することを懸念して衛生用品を配付したりといったことがあげられます。後者は、災害時に支援の届きにくい高齢者・障がい者の声を聞くことです。公的な避難所では過ごしにくいため、行き慣れた障がい者施設や高齢者介護施設に自主的に身を寄せている被災者の方もいます。施設のなかにはデイサービスなどを提供する、本来は寝泊りする機能のないものもあります。AAR はこうした福祉施設を回り、直接声を聞いて被害状況を調査するとともに、刻一刻と変化するニーズに合わせ、食料や衛生用品、生活用品など必要な物資を届けてきました。

緊急の物資の不足は解消されてきましたが、福祉避難所の中には、何が必要かも分からない状態になっている所もあり、こちらから課題を聞き出し、細かいニーズに応えていく必要があります。益城町の福祉避難所「いこいの里」に避難されている83歳の女性が現在の状況を語ってくれました。
「家は壊れなかったけど、中はひっくり返ったような状態です。でも私一人じゃ片づけることも出来ない。余震もまだ続いているので怖くてあまり眠れません。腰が弱いので、簡易のマットレスだと腰痛がひどくなってしまう。」

AARは、支援関係者同士の連携を密に図り、IMC(International Medical Corps)という医療専門団体に直ちに繋ぎ、いこいの里で不足していた看護師4名を派遣してもらうことができました。この避難所は、役場の方がこれまでお一人で運営されていたため、一番必要なものを聞き、それを実現できる団体にきちんと話を繋ぐという支援の形に大変喜んでくださいました。

AARはこれからも刻々と変化するニーズに応えるため、被災された方々の声を直接聞きながら、一人ひとりに寄り添った支援を続けてまいります。

継続して寄付する(マンスリーサポーター)

継続的に活動を支えていただくことで、私たちは紛争・災害などの緊急時に、迅速に出動し、命をつなぐ支援を届けることができます。


クレジットカードから

留意事項をご確認のうえ、以下のボタンからお手続きください。受付後、こちらから確認のメールまたはお手紙をお送りします。(お申し込み情報は、ベリサイン社の暗号化技術SSLを利用して送信されます。)

  • 初回にお申込みいただいた金額を毎月お引き落としさせていただきます。毎月のお引き落としの確認はいたしませんので、ご了承ください。

ゆうちょ銀行・その他銀行の口座から

留意事項をご確認のうえ、以下の申し込み用紙を印刷し、ご記入・捺印してAARまでご郵送ください。

印刷できない方は、以下から申し込み用紙をご請求ください。郵送いたします。

マンスリーサポーターの仕組み

クレジットカードまたはゆうちょ銀行・その他銀行の口座から、ご指定いただいた金額を毎月自動で引き落としいたします。振り込み手数料のご負担はありません。金額やカードの変更、支援を止めたい場合は、お電話またはお問い合わせフォームでいつでもご連絡ください。決済業務は、決済代行会社SMBCファイナンスサービスを通じて行っています。

※以下の場合は、お引き落としを停止させていただきます。

・お引き落としができない状態が6ヵ月続いた場合。
・ご住所変更などにより、当会からご連絡が取れない場合。

マンスリーサポーターになると

ご寄付がどのように使われているか、年次報告書や毎月の会報でご報告いたします。
年に一度、支援の現場からのメッセージカードをお送りします。

< 活動ニューストップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)