活動ニュース

九州豪雨:より配慮が行き届いた避難所へ...12日の支援活動

2017年07月13日  日本緊急支援
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

最新情報はfacebook、Twitter、メールマガジンで随時お知らせしています

朝倉市の避難所となっている「らくゆう館」を訪問した熊本学園大学ボランティアセンター職員の照谷明日香さんと社会福祉学部の黒木邦弘准教授(右から3番目)。手前はAARの大室和也(左)と高木卓美(2017年7月12日)

AAR Japan[難民を助ける会]の緊急支援チーム(大室和也、高木卓美、三木将)は7月12日、昨年の熊本地震の際に福祉避難所の運営に携わっていた熊本学園大学の方々と、朝倉市内の避難所2ヵ所(らくゆう館、杷木中学校)を訪問しました。「先日泥かきのボランティアに来ましたが、避難所の福祉面についてはずっと気になっていました」と話す同大学ボランティアセンター職員の照谷明日香さん(右写真・奥)。

把木中学校で避難所を運営する職員らにアドバイスをする黒木邦弘准教授(2017年7月12日)

社会福祉学部の黒木邦弘准教授(左写真・左から2番目)は、熊本での経験を踏まえ、高齢者や障がいのある方などへの配慮について、避難所を運営する職員らに改善方法を提示しました。例えば、寝具として運動用のマットが出されていましたが、ダニが発生する恐れがあるため、使用はとりやめるようアドバイスしました。ほかにも、乳幼児が動き回れるスペースをつくること、女性専用の部屋を夜間でも安全が確保されるよう管理者の近くに設置すること、高齢の方には一人ひとり確認しながら、ベッドの高さなどを調節するなどしてできるだけ元の生活環境に近づけることなどが提案されました。

発災から1週間が経ち、避難者の方々の複雑な思いも垣間見えます。「避難してきた当初は一日がとても長かった」と語るある高齢の女性は「今はようやく眠れるようになりました。いろんな人に助けていただいて本当にありがたいです」と話してくださいました。しかし「同じ地区の人でまだ行方不明の人がいるから早く帰ってきてほしい。笑っていても奥ではずっとこういう思いがあるんです」と心からは笑うことができない心情を吐露しました。また自宅の裏が崩れているため避難してきたという高齢の女性は、建物自体は正面から見ると被害がないため、周囲の理解を得られないと嘆きます。「避難所にはいられない。怖いけど、日中は家に帰ります」と切ない思いを語りました。

AARは熊本学園大学の方々からのアドバイスを受け、今後も避難所が高齢者や障がい者により配慮が行き届く環境になるよう、活動を続けてまいります。

 

緊急募金にご協力ください

クレジットカードで

以下のボタンからお手続きください。決済業務は、決済代行会社SMBCファイナンスサービスを通じて行っています。(お申し込み情報は、ベリサイン社の暗号化技術SSLを利用して送信されます。)

    今回だけの寄付お申し込み

    郵便振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    口座番号 00100-9-600
    加入者名 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    • 通信欄に「九州豪雨」とご記入ください。
    • 領収証が必要な方はその旨お書きください。

    ご希望の方には、口座番号と加入者名を印刷した振込用紙をお送りします。
    口座振込用紙お申し込み

    ※振込手数料はご本人さまのご負担になります。

    銀行振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    三井住友銀行 目黒支店 普通 1215794 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    ナンミンオタスケルカイ
    三菱東京UFJ銀行 目黒支店 普通 4520323 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンヲタスケルカイ
    みずほ銀行 目黒支店 普通 1110211 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンオタスケルカイ

    【ご注意】銀行からのお振り込みは、こちらでお振り込み人さまを特定できません。
    お手数ですが必ず事務局(TEL:03-5423-4511)までご連絡ください。

    ※振込手数料はご本人さまのご負担になります。

    コンビニで

    下記のボタンからお手続きください。払込用紙(ハガキサイズ)をお送りいたしますので、コンビニにお持ちになってお支払いください。
    コンビニで寄付

    ※株式会社Eストアーのネットショップ「ショップサーブ」を利用しています。

    ※手数料324円はご本人さまのご負担になります。

    【ご寄付くださる皆様へ】皆様のご寄付は、ご指定の活動に活用させていただきますが、被災状況やニーズの変化などによっては、当初の計画よりも早い段階で活動を終了することもございます。それにより活動に必要な額をご寄付が上回った場合には、次なる緊急支援などに活用させていただきます。あらかじめご了承ください。

    < 活動ニューストップに戻る

    ページの先頭へ
    難民を助ける会
    特定非営利活動法人
    難民を助ける会(AAR Japan)
    〒141-0021
    東京都品川区上大崎2-12-2
    ミズホビル7階
    フリーダイヤル0120-786-746
    Tel:03-5423-4511
    Fax:03-5423-4450
    月~土、10時~19時(日祝休み)