活動ニュース

九州豪雨:福祉作業所に送迎車を提供

2017年08月17日  日本緊急支援
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

福岡県朝倉市にある福祉作業所「あゆみの会共同作業所」は、九州北部豪雨が発生した7月5日、大雨のためいつもより早く利用者を帰宅させることにしました。15時半ごろ送迎車を出しましたが、その後、杷木方面の方3名と連絡が取れなくなりました。全員の安否が確認できたのは翌6日の深夜1時半ごろ。送迎車から降りた後、自宅までの帰途の途中道が冠水していて進めなくなり、公衆トイレで救助を待っていたり、公民館に避難したりしていましたが、無事に全員救助されました。
秋に予定されていた筑後地区の事業所が共同で行う運動会は、会場が被害を受けたため中止となりました。また、送迎車が浸水の被害を受けて廃車になってしまったため、その購入に充てるために毎年行っている作業所の職員と利用者の研修旅行も中止となりました。

rpt1708_2367_6ayumi.jpg

あゆみの会は24名の方が利用する福祉作業所です

AAR Japan[難民を助ける会]は、あゆみの会に、利用者の送迎のための車両を提供しました。施設長の森慶一さんは、「今回の災害で利用者さんの送迎に使用していた車が水没して使えなくなっており大変困っていましたが、AARさんからご支援いただき、本当に助かりました。また、車両を支援いただいたおかげで、秋に計画している研修旅行も実施できることになり、皆喜んでいます」と話してくれました。また、利用者の皆さんからも、「ご支援いただきありがとうございました」との声をいただきました。

中止になった運動会で使う予定だったコーン

中止になった運動会で使う予定だったコーン。今年はあゆみの会が幹事の予定でした

AARが提供した送迎用の車両の前に立つ施設長の森慶一さんとAARの高木卓美

AARが提供した送迎用の車両と施設長の森慶一さん(右)。左はAARの高木卓美(2017年8月4日)

継続して寄付する(マンスリーサポーター)

継続的に活動を支えていただくことで、私たちは紛争・災害などの緊急時に、迅速に出動し、命をつなぐ支援を届けることができます。


クレジットカードから

留意事項をご確認のうえ、以下のボタンからお手続きください。受付後、こちらから確認のメールまたはお手紙をお送りします。(お申し込み情報は、ベリサイン社の暗号化技術SSLを利用して送信されます。)

  • 初回にお申込みいただいた金額を毎月お引き落としさせていただきます。毎月のお引き落としの確認はいたしませんので、ご了承ください。

ゆうちょ銀行・その他銀行の口座から

留意事項をご確認のうえ、以下の申し込み用紙を印刷し、ご記入・捺印してAARまでご郵送ください。

印刷できない方は、以下から申し込み用紙をご請求ください。郵送いたします。

マンスリーサポーターの仕組み

クレジットカードまたはゆうちょ銀行・その他銀行の口座から、ご指定いただいた金額を毎月自動で引き落としいたします。振り込み手数料のご負担はありません。金額やカードの変更、支援を止めたい場合は、お電話またはお問い合わせフォームでいつでもご連絡ください。決済業務は、決済代行会社SMBCファイナンスサービスを通じて行っています。

※以下の場合は、お引き落としを停止させていただきます。

・お引き落としができない状態が6ヵ月続いた場合。
・ご住所変更などにより、当会からご連絡が取れない場合。

マンスリーサポーターになると

ご寄付がどのように使われているか、年次報告書や毎月の会報でご報告いたします。
年に一度、支援の現場からのメッセージカードをお送りします。

< 活動ニューストップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)