活動ニュース

西日本豪雨:施設利用者の皆さんに笑顔が

2018年09月07日  日本緊急支援
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

日常を取り戻す

AAR Japan[難民を助ける会]は、西日本豪雨の被災地にて、特に支援の手が届きにくい福祉施設への支援を続けています。9月3日から6日にかけて、岡山県、愛媛県、広島県の被災した施設を訪問しました。

2018年9月3日、被災したNPO法人れんげ草たんぽぽ工房(愛媛県西予市)へ、豪雨により流された送迎用車両と自転車をお届けしました。代表の児玉久雄氏は、「車が届いたおかげでやっと施設利用者の皆さんの送迎ができるようになりました。また作業の再開により利用者の皆さんが日常を取り戻すことができました。ありがとうございます。私たちも何かの形でAARの皆さんを応援できたらと思います」とお話しくださいました。

前回お盆前に訪問したときは、送迎用車両が無かったため施設利用者の方々の人数も少なかったのですが、今回の訪問では車両が届き送迎も開始されたため、たくさんの利用者の方々で施設は大いに活気がありました。施設が再開したことで利用者の皆さんに笑顔があふれ、手をつなぎあったりしている様子を見て、私たちも胸が熱くなりました。

提供した車と自転車と一緒に、れんげ草の方13名、AARスタッフ2名で記念撮影

NPO法人「れんげ草」たんぽぽ作業所に送迎用車両と自転車を提供しました。施設の皆さんと(前列左端はAARの田中晴子、右から3人目はAAR髙木卓美 2018年9月3日)。

障がい者の就労支援を行う社会福祉法人野村育成園就労支援事業所「あおぞら」(愛媛県西予市)では、障がいのある方々がお弁当を作って販売していましたが、作業する施設が被災したうえ、お弁当用のお米を収穫して保存する保管庫が洪水で流されてしまったため、作業ができない状態でした。AARが新たに保管庫をお届けしたところ、「これで弁当事業の再開に一歩近づきました」と喜んでくださいました。

また、ネットワンシステムズ株式会社よりご提供いただいた液体消毒スプレー36本と手指用清浄ジェル20本を被災した各施設へお届けしました。お届け先のひとつ、障がい児の放課後デイサービスを行うNPO法人「歩(あゆむ)」(愛媛県大洲市)のスタッフの皆さんは「子どもたちの衛生管理のためにとても助かります」喜んでくださいました。

2メートルほどの大きな保管をを提供 2人とも笑顔です

障がい者の就労支援施設「あおぞら」へ、お米の保管庫をお届けしました(右はAARの高木卓美 2018年9月3日)

洗浄ジェルを持って3人ともさわやかな笑顔です

NPO法人「歩(あゆむ)」へネットワンシステムズ株式会社からご提供いただいた手指用清浄ジェルをお届けしました(中央はAAR髙木卓美 2018年9月3日)

「利用者の皆さんに励まされています」

9月5日は、障がい者の就労支援を行うNPO法人「やすらぎ」(広島県呉市)を訪問しました。施設管理者の松重君代氏からは「まさかこの地域が被害に遭うとは思ってもみませんでした。床上まで浸水したので、床をはがしてなんとか修繕を実施して復旧していく予定です。最初はこの先一体どうしようかという思いでしたが、利用者の皆さんから『がんばろうや!』と声をかけられました。彼らの明るさに励まされ、なんとか修繕までこぎつけました」とお話しくださいました。

床が綺麗にはがされていて、木材の基礎が広がっている

床上浸水により床をすべてはがしたNPO法人「やすらぎ」の一室(2018年9月5日)

施設の様子 もくもくと手作業を進めています

被災しながらも、利用者の皆さんは元気に作業に取り組まれていました(左はAAR髙木卓美 2018年9月5日)

9月6日は障がい児の放課後デイサービスを行うNPO法人「のぞみ」(岡山県真備町から同県総社市に移転)を訪問。前回の訪問時にはなかった看板が、水害に遭った真備町の施設から移設され掲げられていました。豪雨から2ヵ月が経ち、施設スタッフの女性に子どもたちの様子を聞いたところ、「今でも強い雨が降ると、顔が一気に青ざめ体調が悪くなる子どもがいます。真備を離れることにはなってしまいましたが、施設をいち早く再開して子どもたちが落ち着ける場所が提供できたことは良かったです」とお話しくださいました。2017年に起きた九州北部豪雨の際に緊急支援に入った際も、天気予報で雨雲レーダーを見ると不安になるお子さんがいると話してくださった保護者の方もおられたのを思い出しました。子どもたちが一日も早く落ち着きを取り戻せるよう願っています。

のぞみと書かれた可愛らしい看板 男の子と女の子の絵なども描かれています

真備町で水没した看板が、泥が落とされて総社市に移転した施設に掲げられていました(2018年9月6日)

利用者の方がジェルを両手に持っています 隣にいる田中が笑顔でこちらを見ています

ネットワンシステムズ株式会社からご提供いただいた手指用清浄ジェルをNPO法人「のぞみ」にお届けしました(右はAAR田中晴子 2018年9月6日)

この活動は皆さまからのご寄付に加え、調査活動はジャパン・プラットフォーム(JPF)の助成を受けて実施しています。

西日本豪雨緊急募金にご協力ください

クレジットカードで

以下のボタンからお手続きください。決済業務は、決済代行会社SMBCファイナンスサービスを通じて行っています。(お申し込み情報は、ベリサイン社の暗号化技術SSLを利用して送信されます。)

    クレジットカードでの寄付お申し込み

    銀行振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    三井住友銀行 目黒支店 普通 1215794 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    ナンミンオタスケルカイ
    三菱UFJ銀行 目黒支店 普通 4520323 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンヲタスケルカイ
    みずほ銀行 目黒支店 普通 1110211 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンオタスケルカイ

    【ご注意】銀行からのお振り込みは、こちらでお振り込み人さまを特定できません。
    お手数ですが必ず事務局(TEL:03-5423-4511)までご連絡ください。

    西日本豪雨緊急支援にご寄付くださる場合は、振込人名の後に「西日本豪雨」とご記入ください。

    ※振込手数料はご本人さまのご負担になります。

    コンビニで

    下記のボタンからお手続きください。払込用紙(ハガキサイズ)をお送りいたしますので、コンビニにお持ちになってお支払いください。
    コンビニで寄付

    ※株式会社Eストアーのネットショップ「ショップサーブ」を利用しています。

    ※手数料324円はご本人さまのご負担になります。

    郵便振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    口座番号 00100-9-600
    加入者名 特定非営利活動法人 難民を助ける会

    【ご寄付くださる皆さまへ】皆様のご寄付は、ご指定の活動に活用させていただきますが、被災状況やニーズの変化などによっては、当初の計画よりも早い段階で活動を終了することもございます。それにより活動に必要な額をご寄付が上回った場合には、次なる緊急支援などに活用させていただきます。あらかじめご了承ください。

    東京事務局では国内災害要員を募集しています

    最新情報はfacebook、Twitter、メールマガジンでもお知らせしています

    < 活動ニューストップに戻る

    ページの先頭へ
    難民を助ける会
    特定非営利活動法人
    難民を助ける会(AAR Japan)
    〒141-0021
    東京都品川区上大崎2-12-2
    ミズホビル7階
    フリーダイヤル0120-786-746
    Tel:03-5423-4511
    Fax:03-5423-4450
    月~土、10時~19時(日祝休み)