活動ニュース

ハイチ・聖ビンセント校のトイレ、シャワー室、台所を修理・増築しました

2011年04月01日  ハイチ緊急支援
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

「安心して使える」と子どもたちにも好評です

難民を助ける会では、2010年1月にハイチを襲った大地震の被災者支援を継続しています。被災から3カ月間、食料や生活必需品を配付し、その後地震によって倒壊した障害児の教育・医療施設や児童養護施設の運営を支援しています。

教室にたくさんの子どもたちが集まっています

聖ビンセント校では、個々の障害にあわせて少人数の授業が行われています。写真は耳の不自由な子どもが勉強する低学年のクラス

障害者支援施設「聖ビンセント校」では、昨年、仮設校舎とクリニックの建設を行いました。今年に入り、重度の障害を抱えた子どもたちや遠方に住む障害児のために併設されている同校の寄宿舎のトイレ、シャワー室、台所を修理・増築しました。悪臭が漂っていたトイレが新しくなり、障害を持つ子どもが使いやすいように、手すりも付けました。子どもたちにとても好評です。コレラ感染者が23万人を超えた(2011年2月時点)ハイチでは、衛生環境の整備は欠かせません。感染は収束に向かいつつあるともいわれていますが、4月からはじまる雨季には再び感染の拡大、流行が懸念されています。難民を助ける会はあわせてコレラ対策も進めています。

蓋が壊れて水も流せない

蓋が壊れて不衛生な修繕前のトイレ

きれいになったトイレ

手すりも付き、壁や床もきれいに。子どもたちも安心して使えます

 

タイル張りの台所のシンク

修繕した台所。学校の皆さんが大切に使っています

シンクもピカピカです

シャワールーム。とても清潔になり、寮の子どもたちは大喜びです

【報告者】 記事掲載時のプロフィールです

東京事務局 加藤 亜季子(かとう あきこ)

2010年4月より東京事務局で主にハイチ事業とザンビア事業を担当。大学卒業後、民間企業に勤務。英国の大学院で社会開発を学び、政府系研究機関、在外公館勤務を経て難民を助ける会へ。(東京都出身) .

< 活動ニューストップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)