活動ニュース

ネパール地震緊急支援:一刻も早く子どもたちが安心して学べる場所を

2015年06月12日  ネパール緊急支援
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

学校が再開したものの...

AARの緊急支援チームは4月25日にネパールを襲った大地震を受け、山間部のダーディン郡タサルプー村で活動を続けています。5月9日から21日にかけて、同村に住む全1,299世帯の住民に、食料、テント資材と生活用品を配付しました。現在は、タサルプー村および近隣のタクレ村およびジブンプール村で、仮設校舎の建設にむけた調査を行っています。

地震から約1ヵ月間、被災地域ではすべての学校が休校し、5月31日から一部の学校が再開しました。再開までの間、ダーディン郡の教育局が派遣したエンジニアが各村の学校を回り、建物の安全性を確認し、倒壊の危険がある教室については赤いマークを、安全性が確認された教室には緑マークをつけました。AARが支援物資を配付したタサルプー村には学校が11校ありますが、そのうち7校の45教室に赤いマークがつけられ、倒壊の危険があると認定されました。タクレ村は10校中7校の53教室、ジブンプール村は11校中10校の52教室が危険と認定されました。ただ、マークで判別した後の、その後の対処方針が示されていないため、赤いマークがついた校舎を使い続けている学校もあれば、使用を控えている学校もあります。

教室

いたるところに亀裂が走り、極めて危険な状態の校舎(2015年6月1日、ダーディン郡タサルプー村第2区の学校)

マーク

政府による安全性調査の結果、倒壊の危険ありと認定された校舎にはこの赤色のマークが付けられます(2015年5月31日 ダーディン郡タサルプー村第9区の学校)

倒壊の危険のある教室に通う子どもたち

アンジャリ・タパさん

制服も学用品も地震で失い、私服で登校するアンジャリ・タパさん(2015年6月4日 タクレ村第6区)

アンジャリ・タパさん(10歳)はタクレ村第6区の小学校に通う5年生。父親と妹3人の5人家族です。4月25日の地震で家が倒壊してしまいましたが、幸い家族は全員無事でした。倒壊した自宅からトタン屋根を拾い、竹の柱を使って雨露をしのぐ場所を作り、今はそこで寝ています。学校の制服も靴も、学用品もすべて倒壊した家の下敷きになってしまったため、私服とサンダル履きで通学しています。教科書などは同級生に貸してもらっています。学校が中断している間は毎日遊んで過ごしていて、はやく学校が始まらないかな、とよく考えていたそうです。5月31日より学校が再開し、「友達と会えてとても嬉しいけれど、 地震がいつまた起こるかと考えると不安です」と話していました。

ティルタクマリ・シャンタンさん(24歳)は、タサルプール村第9区の小中学校の教員です。学校が再開して子どもたちと会ったところ、子どもたちの様子が少し違っていました。いつ地震が来るか不安で落ち着かない様子で、床が揺れていると錯覚し、訴える子どももいます。ネパール政府は、学校を再開してから1週間は、授業を行わず生徒の心理的カウンセリング活動に専念することを決め、各教員はカウンセリングのための研修を受けました。 子どもたちはゲームを通じたカウンセリングの最中は地震のことを忘れて楽しそうにしていますが、ゲームが終わると再び地震のことを思い出している様子です。「政府から危険だと判定を受けている校舎に毎日来て仕事をするのは不安です。早く安全で心が休まる場所に教室を移転してもらいたい」と語っていました。仮設校舎の建築が急がれます。引き続き、皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。

女性教員たち

タサルプー村第9区の学校の女性教員たち(左から2人目がティルタクマリさん)(2015年6月2日 ダーディン郡タサルプー村第9区)

学校関係者との協議

学校関係者から話を聞くAARの柿澤福郎(右手前 2015年6月5日 ダーディン郡ジブンプール村第6区)

※この活動は、皆さまからのあたたかいご支援に加え、ジャパン・プラットフォーム(JPF)の助成を受けて実施しています。

緊急募金にご協力ください

どうぞご協力をお願いいたします。

郵便振替: 00100-9-600 加入者名: 難民を助ける会
  • 通信欄に「緊急」とご記入ください(お寄せいただいたご寄付は、ネパールをはじめとする緊急支援活動のために、大切に使わせていただきます)。

  • 領収証が必要な方はその旨お書きください。

最新情報はTwitter、メールマガジンでもお知らせしています

【報告者】 記事掲載時のプロフィールです

東京事務局 柿澤 福郎(かきざわ ふくろう)

2013年5月よりAAR東京事務局でアフガニスタン、パキスタン事業などを担当。2013年フィリピン台風、2015年バヌアツサイクロンなどの緊急支援にも従事。34歳、神奈川県出身

< 活動ニューストップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)