活動ニュース

台風19号 被災者支援 宮城県丸森町、大郷町での活動

2019年10月19日  日本緊急支援
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

10月17日に福島県で調査・支援を行った緊急支援チームは福島県郡山市から宮城県に移動。18日は、丸森町、大郷町の4つの施設を訪問し、調査および支援物資の配布を行いました。丸森町での炊き出しも継続しています。

なぎ倒された大木や流木が道路をふさいでいる

福島県から宮城県に続く道では多くの場所で通行止めとなっていた(2019年10月18日)

福島県から宮城県に続く道では、河川の氾濫や土砂災害などにより、通行止めとなっている道が多く迂回路を探りながらの移動となりました。なぎ倒された大木が道を塞いだり、田んぼに蒲団やトタン、衣服などの漂流物が散乱している様子も多く見られました。

泥まみれの冷蔵庫や家具などが大量に置かれている様子

丸森町役場の向にあるグラウンドは、災害廃棄物の集積所となっており、ひっきりなしにトラックがやってきていた(2019年10月18日、宮城県丸森町)

段ボールに入った水を手渡すAAR職員

丸森たんぽぽ子ども園に飲料水をお届けしました(2019年10月18日、宮城県丸森町)

住宅地や町役場など広い範囲が浸水し、死者・行方不明者10名(丸森町ホームページより)と大きな被害がでている丸森町は、水は引いているものの多くの場所で堆積した泥が残されたままになっていました。断水も続いており、住民の方々はトイレやお風呂などが使えない不便な生活を強いられています。飲食店の多くも営業できずにいました。飲料水と衛生用品を届けった丸森たんぽぽ子ども園の職員の方は、「断水が1ヵ月以上続くと聞いている」と疲れた様子で話されていました。

その後、吉田川の堤防が決壊し甚大な被害を受けた大郷町に移動。一般社団法人「めるくまーる」は廃校となった小学校の校舎を利用し、障がい児の放課後等デイサービス事業所を運営しています。浸水時は、校舎1階部分が1.5メートルほどまで水没。社会福祉協議会から派遣されたボランティアが前日から清掃にあたっており、施設内の家具や備品などは外に出されていましたが、床は泥まみれで、壁が剥がれ落ちたままでした。浸水で玩具やスポーツ用品、遊具、事務室のパソコンやコピー機など1階にあった多くのものや車両7台が使用できなくなったそうです。

rpt1910_2854__4_oosato600.jpg

大郷町内の様子。残っていた基礎部分でかろうじて家があったことが確認できる(2019年10月18日、宮城県大郷町)

代表の児玉幸司様は、台風直撃時は近くの避難所に避難していたが、その避難所も車のサイドミラーが隠れるほど浸水したそうです。「めるくまーるには、学校が終わると近所の子どもたちが遊びに来て、障がいのある子もない子も一緒に遊ぶ交流の場となってる。別の場所でもよいので早く再開することを目指している」と話されていました。

rpt1910_2854__merukumaru_higai.jpg

一般社団法人めるくまーるの施設内。床は泥まみれ、壁は剥がれ落ち床の一部が崩れている箇所もありました(2019年10月18日、宮城県大郷町

rpt1910_2854__merukumaru.jpg

めるくまーるの代表児玉様(中央)に台風直撃当時の様子を伺うAARの浅野武治(左)と生田目充(右)(2019年10月18日、宮城県大郷町)

また、15日から丸森町で行っている炊き出しも継続しています。18日は、丸森町の避難所となっている丸森小学校、丸森まちづくりセンター、町役場で「鶏のつみれ汁」を300食を供しました。避難所以外にも、泥かきをれている数軒のご家庭などにもお届けにいったところ、「わあ、助かる!」と、とても喜んでいただきました。

rpt1910_2854_takidashi_kato_haizen.jpg

AARの加藤勉理事(NPO法人ピースプロジェクト代表)(2019年10月18日、宮城県丸森町)

rpt1910_2854_takidashi300.jpg

お届けにあがると「助かる!」と喜んでくださいました(2019年10月18日、宮城県丸森町)

AARでは、今後も調査および被害が甚大だった施設の運営再開に向けてた支援活動を続けてまいります。どうか、緊急募金へのご協力をお願いいたします。

緊急募金にご協力ください

クレジットカードで

以下のボタンからお手続きください。決済業務は、決済代行会社SMBCファイナンスサービスを通じて行っています。(お申し込み情報は、ベリサイン社の暗号化技術SSLを利用して送信されます。)

    クレジットカードでの寄付お申し込み

    銀行振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    三井住友銀行 目黒支店 普通 1215794 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    ナンミンオタスケルカイ
    三菱東京UFJ銀行 目黒支店 普通 4520323 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンヲタスケルカイ
    みずほ銀行 目黒支店 普通 1110211 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンオタスケルカイ

    【ご注意】銀行からのお振り込みは、こちらでお振り込み人さまを特定できません。
    お手数ですが必ず事務局(TEL:03-5423-4511)までご連絡ください。

    台風19号緊急支援にご寄付くださる場合は、振込人名の後に「台風19号」とご記入ください。

    ※振込手数料はご本人さまのご負担になります。

    コンビニで

    下記のボタンからお手続きください。払込用紙(ハガキサイズ)をお送りいたしますので、コンビニにお持ちになってお支払いください。
    コンビニで寄付
    ※「その他の活動への募金」を選択し、手続きページの通信欄に「台風19号」とご記入ください。

    ※株式会社Eストアーのネットショップ「ショップサーブ」を利用しています。

    ※手数料330円はご本人さまのご負担になります。

    郵便振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    ※備考欄に「台風19号」とご記入ください。

    口座番号 00100-9-600
    加入者名 特定非営利活動法人 難民を助ける会

    【ご寄付くださる皆さまへ】皆様のご寄付は、ご指定の活動に活用させていただきますが、被災状況やニーズの変化などによっては、当初の計画よりも早い段階で活動を終了することもございます。それにより活動に必要な額をご寄付が上回った場合には、次なる緊急支援などに活用させていただきます。あらかじめご了承ください。

    最新情報はfacebook、Twitter、メールマガジンでもお知らせしています

    < 活動ニューストップに戻る

    ページの先頭へ
    難民を助ける会
    特定非営利活動法人
    難民を助ける会(AAR Japan)
    〒141-0021
    東京都品川区上大崎2-12-2
    ミズホビル7階
    フリーダイヤル0120-786-746
    Tel:03-5423-4511
    Fax:03-5423-4450
    月~土、10時~18時(日祝休み)