活動ニュース

障がい関連団体への物資配付を拡大:新型コロナウイルス緊急支援

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、AAR Japan[難民を助ける会]は4月以降、日本国内の障がい関連団体・障がい福祉施設に対し、マスクなど衛生用品の緊急配付を続けています。お届けしている支援物資の多くは、日頃からAARの活動を応援してくださっている企業・団体の皆さまから寄贈されたものです。全国に出された緊急事態宣言が一部解除されたものの、多くの福祉関係者は今も感染の危険と隣り合わせで奮闘しています。取り組みの現状を報告します。

「マスク、涙が出るほどありがたい」

2人の女性がマスクをつけ、作業用の白い防護服を着ている。AARを通じて提供した瓶に入ったビタミン剤も手にしている

マスクをお送りした、きょうされん加盟の障がい者就労支援事業所リサイクル洗びんセンター(東京都昭島市、2020年5月15日)

マスクをつけた男性と女性がカメラに向かい微笑む。手にはAARのロゴマークが書かれた紙を持っている

全国盲ろう者協会の皆さん「盲ろう者の生活は大きな影響を受けています。難しい一年になりそうですがご支援ありがとうございました」(2020年5月15日)

AARは日本障害フォーラム(JDF)、日本障害者協議会(JD)の協力のもと、加盟団体に必要な支援物資の調査を行い、計35団体にマスク、使い切りゴム手袋、保湿クリーム、あせもシート、ビタミン剤などをパッケージにして届けました(5月20日時点)。これらの製品は、エーザイ株式会社、株式会社オートバックスセブン、 ユースキン製薬株式会社の各社、および上海で活動する日本人ボランティアの会・互人多(Friend)からAARにご提供いただいています。大規模災害など通常の緊急支援では、物資配付は手渡しを原則としていますが、今回は感染拡大防止のために配送にてお届けしています。今後も製品がAARに届き次第、順次発送していく予定です。

全国では5月19日時点で1万6,367人の感染が確認され、768人が亡くなられていますが、基礎疾患や障がいのある方々は、感染した場合に特に重篤化する恐れがあります。マスク1万5,000枚をお送りした特定非営利活動法人「埼玉県腎臓病患者友の会」の場合、2,050人の腎臓透析患者の方々が月13回(週3回程度)の人工透析治療を受ける必要がありますが、その際マスクなしで透析室に入ることはできません。また、患者の8割が高いリスクを抱える高齢者の方々です。

友の会事務局からは「大量のマスクを購入しようにも、ドラッグストアに在庫がなかったり、価格が折り合わなかったり、大変困っていました。このような支援をいただいたのは初めてで、とても嬉しく感謝いたします」とのお言葉をいただきました。

マスクをつけた二人の女性がカメラに向かい微笑む

日本訪問看護財団の皆さん「マスクと差し入れのお菓子ありがとうございます」(2020年5月12日)

rpt2005_2954_4.jpg

精神障害当事者会ポルケ事務局の皆さん「地域の福祉事業所、野宿者支援グループ、精神科病院にもお配りします」(2020年5月15日)

このほか、「利用者に毎日提供するだけのマスクがなく、名前を書いたマスクを通所時に渡し、退所時に回収して、職員が毎日手洗いしています。政府から支給されたマスクは小さく、ほとんどの方が使用できません。今回いただいたマスクは非常にありがたく、大切に使わせていただきます。また、消毒のために手が荒れてしまい、保湿クリームも嬉しい限りです」(精神保健福祉団体)、「こうした時期なので、マスクが届いて涙が出るほどありがたく感じます」(腎臓病患者支援団体)、「マスクと一緒に入っていた差し入れのお菓子、何だかとってもほっこりしました。訪問から帰ってきた看護師が喜んでいました」(訪問看護団体)などの感謝の声とともに、「一日も早く新型コロナウイルス感染が収束しますよう祈るばかりです」という切実な思いが多数寄せられています。

コロナ対応緊急支援にご協力ください

障がい団体は全国各地にあり、必要性に加えて、公平性の観点からもまだまだ大量の支援物資が必要とされています。 AARは難民や障がい者への支援を従来実施しているトルコ、ウガンダ、パキスタン、アフガニスタン、タジキスタン、バングラデシュ、ミャンマー、イタリアでも、現地事務所や関係者を通じて、コロナ感染拡大防止のための衛生啓発や情報提供、衛生用品や食料品の緊急配布などを行っています。こうした国内外での緊急支援活動は、皆さまからのご寄付、協力企業の物資ご提供によって実現しています。AARがコロナ対応緊急支援を開始して以降、多くの方々からご寄付が寄せられていることに深く感謝いたします。

AAR は政治・思想・宗教的に中立の立場で、国内外を問わず、支援から取り残されがちな人々を優先して支援活動を実施しています。日本を含めて、世界中の誰もが等しく新型コロナウイルスの脅威にさらされる今、互いの思いやりと連帯こそが、この未曽有の難局を乗り越える力になると考えます。皆さまからの温かいご支援・ご協力を重ねてお願い申し上げます。

緊急募金にご協力ください

クレジットカードで

以下のボタンからお手続きください。決済業務は、決済代行会社SMBCファイナンスサービスを通じて行っています。(お申し込み情報は、ベリサイン社の暗号化技術SSLを利用して送信されます。)

    クレジットカードでの寄付お申し込み

    銀行振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    三井住友銀行 目黒支店 普通 1215794 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    ナンミンオタスケルカイ
    三菱東京UFJ銀行 目黒支店 普通 4520323 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンヲタスケルカイ
    みずほ銀行 目黒支店 普通 1110211 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンオタスケルカイ

    【ご注意】銀行からのお振り込みは、こちらでお振り込み人さまを特定できません。
    お手数ですが必ず事務局(TEL:03-5423-4511)までご連絡ください。

    振込人名の後に「コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。

    ※振込手数料はご本人さまのご負担になります。

    コンビニで

    下記のボタンからお手続きください。払込用紙(ハガキサイズ)をお送りいたしますので、コンビニにお持ちになってお支払いください。
    コンビニで寄付
    ※「その他の活動への募金」を選択し、手続きページの通信欄に「コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。

    ※株式会社Eストアーのネットショップ「ショップサーブ」を利用しています。

    ※手数料330円はご本人さまのご負担になります。

    郵便振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    ※備考欄に「コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。

    口座番号 00100-9-600
    加入者名 特定非営利活動法人 難民を助ける会

    【ご寄付くださる皆さまへ】皆様のご寄付は、ご指定の活動に活用させていただきますが、状況やニーズの変化などによっては、当初の計画よりも早い段階で活動を終了することもございます。それにより活動に必要な額をご寄付が上回った場合には、次なる緊急支援などに活用させていただきます。あらかじめご了承ください。

    最新情報はfacebook、Twitter、メールマガジンでもお知らせしています

    < 活動ニューストップに戻る

    ページの先頭へ
    難民を助ける会
    特定非営利活動法人
    難民を助ける会(AAR Japan)
    〒141-0021
    東京都品川区上大崎2-12-2
    ミズホビル7階
    フリーダイヤル0120-786-746
    Tel:03-5423-4511
    Fax:03-5423-4450
    月~土、10時~18時(日祝休み)