活動ニュース

「みんなで元気に」東日本大震災被災地支援を再開

2020年06月09日  日本
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛の影響で、様々な社会活動が中止を余儀なくされてきましたが、緊急事態宣言の解除を受けて、AAR Japan[難民を助ける会]は東日本大震災(2011年3月)の被災地で続けている支援事業「地域みんなで元気になろうプロジェクト」の活動を、コロナ感染予防に配慮しながら再開しました。再開の判断にあたっては、現地の方々の要望にも配慮しました。AAR東北担当の大原真一郎が報告します。

4ヵ月ぶりに仲間と再会

4名の女性が机の上で紙製の買い物籠を作るために、細長く切った紙を編み込んでいる

4ヵ月ぶりに手芸教室を楽しむ参加者(福島県南相馬市、2020年6月4日)

「みんなに会うのが楽しみだった!」「誰かと本格的に話すのは本当に久しぶりだよ」。
福島県南相馬市かしま交流センターに6月4日、いつもの笑顔が戻りました。集まったのは、昨年3月まで同市内にあった仮設住宅を出て、現在は南相馬市で暮らす女性5人です。この日は手芸活動として、紙製の買い物籠づくり(ペーパークラフト)に取り組んだほか、自家製の漬物やカレーライスを囲んで約4ヵ月ぶりのおしゃべりに花を咲かせました。

AARは2011年7月、仮設住宅の避難者支援を目的として「地域みんなで元気になろうプロジェクト」を開始し、その後も避難生活を送る方々、自宅に戻られた方々の健康維持とともに、孤立を防ぐためのコミュニティ活動として、無料マッサージ、茶話会・食事会、手芸教室などを継続しています。2019年度は岩手・福島両県でなどを合計80回開催し、のべ3,376人が参加しましたが、コロナ感染拡大を受けて、2020年3月以降は活動を見合わせてきました。

ピンクやオリーブ色をした完成した紙製の買い物袋が並ぶ。編み込んだデコボコが綺麗にデザインとなっている

手作りの買い物籠(福島県南相馬市、2020年6月4日)

白い平たいお皿の上に、カレーが盛り付けられている。お皿の右上には、ブロッコリーが添えられている

家庭菜園で採れた野菜を添えたカレーライス(福島県南相馬市、2020年6月4日)

しかし、全国に出されていた緊急事態宣言が5月14日に東北地方など39県、25日には首都圏を含めて全面的に解除されたことを受けて、AARでは手指の消毒、室内の換気など感染予防策を十分講じたうえで、少人数での活動を再開する準備を進めました。活動に参加されていた方々から寄せられた「仲間に会えなくて寂しい。早く集まりたい」とのご意見も再開を後押ししました。かしま交流センターでは2月初旬の開催が最後だったため、実に4ヵ月間ぶりの再会となりました。

この日参加した女性たちは、「近くの町でも感染があったし怖いよね。この4ヵ月間、食料品などの買物以外はずっと家にいて、家庭菜園をやってた」「買い物客が少ない時間帯を予測してスーパーに行くと、みんな同じことを考えるので混んでるのよ。お父さん(ご主人)は持病があるから特に注意してた。4ヵ月ぶりでみんなに会えるから楽しみだったわよー、面と向かって悪口も言い合える友だちにね」などと話が弾みました。他方で「東京に遊びに行って感染したらしい人がいて、ずいぶんひどいことを周囲から言われたみたい」という悲しい現実も会話の中からうかがえましたが、参加した方々は気心の知れた仲間との再会で互いに元気をもらったようでした

「コロナと付き合っていくしかない」

活動中断の間も当会(大原)は参加メンバーのリーダー役の方と電話やSNSで連絡を取り合い、南相馬市の状況をフォローしてきましたが、みなさん再会を楽しみにしてくださった半面、コロナ感染の恐ろしさや地域住民同士の気遣いもあってか、この4ヵ月間に何があったかを語るのに一生懸命という印象を受けました。AARは2011年からこのプロジェクトを続けていますが、大震災から9年を経た今、支援する側・される側の関係ではなく、私自身を含めて共に集うという雰囲気を感じます。その一方、コロナ騒動の陰で原発事故が絡む地域の確執、汚染水・汚染土の問題、経済格差、在宅避難者の問題が未解決のまま山積しています。

集いの後で立ち寄った近所の男性は「コロナは怖いけど、インフルと同じように毎年流行するだろうね。うまく付き合いながら生活するしかないよ」と率直な思いを語ってくれました。東日本大震災と原発事故、昨年の台風19号被害、そしてコロナウイルス感染と度重なる困難を乗り越えようとする地域の方々に寄り添いながら、AARは今後も息の長い支援に取り組んでまいります。

緊急募金にご協力ください

クレジットカードで

以下のボタンからお手続きください。決済業務は、決済代行会社SMBCファイナンスサービスを通じて行っています。(お申し込み情報は、ベリサイン社の暗号化技術SSLを利用して送信されます。)

    クレジットカードでの寄付お申し込み

    銀行振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    三井住友銀行 目黒支店 普通 1215794 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    ナンミンオタスケルカイ
    三菱東京UFJ銀行 目黒支店 普通 4520323 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンヲタスケルカイ
    みずほ銀行 目黒支店 普通 1110211 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンオタスケルカイ

    【ご注意】銀行からのお振り込みは、こちらでお振り込み人さまを特定できません。
    お手数ですが必ず事務局(TEL:03-5423-4511)までご連絡ください。

    振込人名の後に「コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。

    ※振込手数料はご本人さまのご負担になります。

    コンビニで

    下記のボタンからお手続きください。払込用紙(ハガキサイズ)をお送りいたしますので、コンビニにお持ちになってお支払いください。
    コンビニで寄付
    ※「その他の活動への募金」を選択し、手続きページの通信欄に「コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。

    ※株式会社Eストアーのネットショップ「ショップサーブ」を利用しています。

    ※手数料330円はご本人さまのご負担になります。

    郵便振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    ※備考欄に「コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。

    口座番号 00100-9-600
    加入者名 特定非営利活動法人 難民を助ける会

    【ご寄付くださる皆さまへ】皆様のご寄付は、ご指定の活動に活用させていただきますが、状況やニーズの変化などによっては、当初の計画よりも早い段階で活動を終了することもございます。それにより活動に必要な額をご寄付が上回った場合には、次なる緊急支援などに活用させていただきます。あらかじめご了承ください。

    最新情報はfacebook、Twitter、メールマガジンでもお知らせしています

    【報告者】 記事掲載時のプロフィールです

     大原真一郎

    大学卒業後、製造メーカーでの勤務を経て、2011年8月にAARに入職。仙台を拠点に岩手、宮城、福島で復興支援を行う。また、2016年熊本地震、2018年西日本豪雨、2018年北海道地震の際もAAR緊急支援チームのメンバーとして出動し、被災された方々に寄り添った支援を行っている(宮城県仙台市出身)

    < 活動ニューストップに戻る

    ページの先頭へ
    難民を助ける会
    特定非営利活動法人
    難民を助ける会(AAR Japan)
    〒141-0021
    東京都品川区上大崎2-12-2
    ミズホビル7階
    フリーダイヤル0120-786-746
    Tel:03-5423-4511
    Fax:03-5423-4450
    月~土、10時~18時(日祝休み)