活動ニュース

障がい福祉事業所の運営継続を支援-新型コロナウイルス緊急支援

RSS

AAR Japan[難民を助ける会]は、日本国内の障がい関連団体・障がい福祉事業所・病院に対し、マスクや使い切りゴム手袋、消毒液などの衛生用品の配付を続けています。障がいのある方に必要なサービスを提供する福祉事業所には多くの利用者が集うだけでなく、利用者と職員の身体接触が避けられず、新型コロナウイルスへの感染が懸念されています。AARは、こうした事業所が新型コロナウイルスの感染対策をしながら運営を継続できるよう、衛生用品に加えて、職員のテレワークやオンライン会議の導入に必要な情報通信機器の提供などの支援を行っています。

「誰一人として失ってよい命などはない」

各地域の障がい福祉事業所が加盟する全国組織「きょうされん」(東京都中野区)には、マスクや使い切りゴム手袋などをお届けしました。これらの物資は、きょうされんを通じて北海道、および首都圏の会員事業所へ配付されています。きょうされんの担当者からは、「店頭でのマスク販売が徐々に始まっていますが、障がい福祉事業所ではまだまだその確保に苦悩しています。それぞれの事業所では、日々緊張感を持って踏ん張っており、行き場のない人をつくらない、誰一人として失ってよい命などはない、との思いで支援を続けています」との声をお寄せいただきました。

京都市で障がい児に療育などを提供する「福祉広場」では、医療的ケアを必要とする子どもの感染予防に不可欠な、70%以上のアルコールが含まれた消毒液が不足していました。そこでAARは、高濃度の消毒ジェルアルコールやマスク、使い切り手袋などを提供。事業所内でご活用いただくだけでなく、事業所に通われている児童の保護者や、近隣の事業所にも配付していただきました。担当者からは「たくさんの高濃度の消毒液をいただくことができ、助かりました。療育の現場でも使っていますが、在宅の時間も多いので、家でも使ってもらっています。(衛生用品が不足し)どこも困っていたので、喜ばれました。コロナ禍の早い収束を願っています」とのお言葉をいただきました。

女性職員4名が、ありがとうございました、と書かれた紙を持っています

「福祉広場」が運営する訪問看護ステーションの皆さん。「手袋など、ありがたいです」(2020年5月22日)

予想を上回る、情報通信機器やサービス導入の依頼

長野県で福祉事業所などを運営する「ながのコロニー」にはマスクや使いきり手袋、保湿クリームなどの衛生用品に加えて、入所施設で新型コロナウイルスの感染者がでた場合の情報伝達や情報共有、また、職員の在宅勤務を可能にするための無線LAN機器を提供しました。

AARが70以上の障がい関連団体に実施したアンケート調査では、衛生用品だけでなく、情報通信機器やサービス導入の要望も多いことがわかりました。聴覚障がいのある方の中には外出制限によって対面コミュニケーションを図る機会が減り、不安な毎日を過ごされている方もいらっしゃいます。こうした方が手話を通じてコミュニケーションを図るため、また、職員の在宅勤務が増加したことでウェブ会議用カメラが必要なことから、現在、14の障がい関連団体・施設に情報通信機器やサービスの導入支援を実施しています。

7名の利用者が机に座り、衣料品を用いた作業を行っています

「ながのコロニー」が運営する事業所、「ワークサポート篠ノ井」にはマスクなどを提供しました。作業時にはマスクが欠かせません(2020年5月28日)

施設の一室の机に、AARが提供した通信機器が置かれています

「ながのコロニー」に提供した情報通信機器。施設内の情報伝達に使われます(2020年6月10日)

感染拡大第二波、第三波に備えるために

障がいのある方の中には、基礎疾患や健康面に不安を抱えている方も多く、集団生活の場となる事業所では感染予防のための衛生用品が今後も必要とされています。また、障がいのある方の働く場となる作業所などでは、新型コロナウイルスの影響で仕事が減り、障がいのある方への工賃や賃金の支払いが困難になっている所もあります。利用者の生活に痛手となり、それに伴う精神面や体調への影響も心配されます。

AARは、障がい福祉事業所が、障がいのある方と、障がいのある方を支える支援者の方々の感染リスクを軽減しながら運営を継続できるよう支援を続けてまいります。皆さまの引き続きのご支援をお願い申し上げます。

緊急募金にご協力ください

クレジットカードで

以下のボタンからお手続きください。決済業務は、決済代行会社SMBCファイナンスサービスを通じて行っています。(お申し込み情報は、ベリサイン社の暗号化技術SSLを利用して送信されます。)

    クレジットカードでの寄付お申し込み

    銀行振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    三井住友銀行 目黒支店 普通 1215794 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    ナンミンオタスケルカイ
    三菱UFJ銀行 目黒支店 普通 4520323 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンヲタスケルカイ
    みずほ銀行 目黒支店 普通 1110211 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンオタスケルカイ

    【ご注意】銀行からのお振り込みは、こちらでお振り込み人さまを特定できません。
    お手数ですが必ず事務局(TEL:03-5423-4511)までご連絡ください。

    振込人名の後に「コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。

    ※振込手数料はご本人さまのご負担になります。

    コンビニで

    下記のボタンからお手続きください。払込用紙(ハガキサイズ)をお送りいたしますので、コンビニにお持ちになってお支払いください。
    コンビニで寄付
    ※「その他の活動への募金」を選択し、手続きページの通信欄に「コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。

    ※株式会社Eストアーのネットショップ「ショップサーブ」を利用しています。

    ※手数料330円はご本人さまのご負担になります。

    郵便振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    ※備考欄に「コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。

    口座番号 00100-9-600
    加入者名 特定非営利活動法人 難民を助ける会

    【ご寄付くださる皆さまへ】皆様のご寄付は、ご指定の活動に活用させていただきますが、状況やニーズの変化などによっては、当初の計画よりも早い段階で活動を終了することもございます。それにより活動に必要な額をご寄付が上回った場合には、次なる緊急支援などに活用させていただきます。あらかじめご了承ください。

    最新情報はfacebook、Twitter、メールマガジンでもお知らせしています

    < 活動ニューストップに戻る

    ページの先頭へ
    難民を助ける会
    特定非営利活動法人
    難民を助ける会(AAR Japan)
    〒141-0021
    東京都品川区上大崎2-12-2
    ミズホビル7階
    フリーダイヤル0120-786-746
    Tel:03-5423-4511
    Fax:03-5423-4450
    月~土、10時~18時(日祝休み)