活動ニュース

イタリア:コロナ禍の障がい児をサポート

RSS

新型コロナウイルス感染が世界規模で続く中、AAR Japan[難民を助ける会]は、早い時期から被害が拡大したイタリアで、障がい児を診療する小児専門病院にコロナ対策支援の寄付をお送りしました。病院ではタブレットPCを購入し、移民など経済的に恵まれない障がい児家庭に配付して、自宅での勉強やリハビリテーションに活用してもらっています。AARは主にアジア・アフリカ・中東地域で活動していますが、今回はイタリア在住の指揮者・作曲家、杉山洋一さんのご協力で支援が実現しました。クリスマスを前にAARに届いたメッセージをご紹介します。

サリムくんは病院から受け取ったタブレットを手にしている。サリムくんに距離をとりつつも寄り添う医師。母親は笑顔

(左から)タブレットを受け取ったサリム君、ベルガモ―ニ医師、母親のナジャさん

一日に数百人死亡「不安の中で暮らす」

AARが支援したのは、イタリア北部ミラノに1939年に設立されたニグアルダ総合病院の中で、小児医療を専門とするニグアルディーノ病院です。子どもと母親のための小児外科、神経科、産科などを備え、運動障がいや自閉症、てんかん、言語障がい、重度の学習障がいのある未就学児・小学生(4~12歳)の治療やリハビリテーションを行っています。イタリアは欧州で最も早く今年1月頃から感染が爆発的に拡大し、政府はロックダウン(都市封鎖)措置に踏み切りましたが、死者は欧州最多の6万4,036人に上ります(12月12日現在)。「コロナ感染で特に困っている家庭を支援したい」と、AARのチャリティコンサートでもお世話になった杉山さんを通じて現地で打診し、同病院の子どもたちを支援することになりました

ニグアルディーノ病院のステファニア・ベルガモ―ニ医師によると「イタリアでは毎日数百人が亡くなり、誰もが不安の中で暮らしています。医療体制も限界を超え、厳しい状況が続いているのが現状です」といい、外出制限を受けて障がいのある子どもたちの通学やリハビリにも支障が生じています。同国でもオンラインによる学習が進められていますが、経済的に恵まれない家庭では、コロナ拡大によってさらに収入が減るなど、子どもにパソコンを買い与える余裕がありません。そこで同病院では、AARの寄付でタブレットPCを購入し、20人の子どもたちに届けました。「子どもたちはタブレットを使って自宅で自主学習したり、保護者とともに医師からリハビリの指導を受けたりと有効活用しています。自由に外に出られない障がい児たちにとって、とても大切なことです」(ベルガモ―ニ医師)。

職員の女性2名と杉山さんがタブレットPCを手にしている

贈呈式で病院スタッフと杉山さん(右)(2020年10月16日)

タブレットを手にする少年

贈呈式でタブレットを受け取った子どもたち

タブレットを手にする少女
タブレットを手に満面の笑みを浮かべる少年

「すばらしい贈り物ありがとう」

タブレットを受け取ったゾアハリ・サリム君(7歳)が描いた絵とともに、両親から「すばらしい贈り物をありがとう」というイタリア語のメッセージが病院を通じてAARに届きました。一家は仕事を求めて数年前に北アフリカのモロッコから移住しましたが、サリム君は重度の神経疾患と学習障がいがあり、家族の生活も決して楽ではありません。

色鉛筆で虹や太陽の絵が描かれている

サリム君が描いた絵

白の便箋に紫色でメッセージがかかれている

サリム君の両親からのメッセージ

両親のメッセージ

こんにちは。私たちはサリムの両親です。私たちの息子のために、こんなにすばらしい、そしてとても役に立つ贈り物をくださったAARに心からお礼を申し上げます。どうか、皆さんにも平和で穏やかな素敵なクリスマス休暇が訪れますよう、家族一同願っております。ありがとう。

父フォウアド・ゾアハリ/母ナジャ・ムジャヘディ 2020年 12月9日

世界中がコロナ感染の脅威にさらされた今年、AARは日本国内の障がい福祉施設や関連団体への衛生用品の緊急配付、海外12カ国の難民や障がい者家庭への物資配付や衛生啓発など、コロナ対策支援に取り組んできました。感染拡大の勢いは止まっていませんが、一日も早く感染が終息し、2021年が少しでも穏やかな年になることを願って、AARは今後も支援活動を続けてまいります。皆さまの温かいご支援をお願い申し上げます。

緊急募金にご協力ください

クレジットカードで

以下のボタンからお手続きください。決済業務は、決済代行会社SMBCファイナンスサービスを通じて行っています。(お申し込み情報は、ベリサイン社の暗号化技術SSLを利用して送信されます。)

    クレジットカードでの寄付お申し込み

    銀行振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    三井住友銀行 目黒支店
    普通 1215794
    特定非営利活動法人 難民を助ける会
    ナンミンオタスケルカイ
    三菱UFJ銀行 目黒支店
    普通 4520323
    特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンヲタスケルカイ
    みずほ銀行 目黒支店
    普通 1110211
    特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンオタスケルカイ

    【ご注意】銀行からのお振り込みは、こちらでお振り込み人さまを特定できません。
    お手数ですが必ず事務局(TEL:03-5423-4511)までご連絡ください。

    振込人名の後に「新型コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。

    ※振込手数料はご本人さまのご負担になります。

    コンビニで

    下記のボタンからお手続きください。払込用紙(ハガキサイズ)をお送りいたしますので、コンビニにお持ちになってお支払いください。
    コンビニで寄付
    ※「その他の活動への募金」を選択し、手続きページの通信欄に「新型コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。

    ※株式会社Eストアーのネットショップ「ショップサーブ」を利用しています。

    ※手数料330円はご本人さまのご負担になります。

    郵便振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    ※備考欄に「新型コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。

    口座番号 00100-9-600
    加入者名 特定非営利活動法人 難民を助ける会

    【ご寄付くださる皆さまへ】皆さまのご寄付は、ご指定の活動に活用させていただきますが、状況やニーズの変化などによっては、当初の計画よりも早い段階で活動を終了することもございます。それにより活動に必要な額をご寄付が上回った場合には、次なる緊急支援などに活用させていただきます。あらかじめご了承ください。

    最新情報はfacebook、Twitter、メールマガジンでもお知らせしています

    < 活動ニューストップに戻る

    ページの先頭へ
    難民を助ける会
    特定非営利活動法人
    難民を助ける会(AAR Japan)
    〒141-0021
    東京都品川区上大崎2-12-2
    ミズホビル7階
    フリーダイヤル0120-786-746
    Tel:03-5423-4511
    Fax:03-5423-4450
    月~土、10時~18時(日祝休み)