活動ニュース

宮城・福島の福祉施設に支援物資を届けました:東北地震

2021年02月19日  日本緊急支援
RSS

AAR Japan[難民を助ける会]は2月18日、13日深夜に東北地方で発生した地震(福島県沖地震/M7.3)の被害を受けた宮城、福島両県内の障がい福祉施設に飲料水や非常食、家電製品などの支援物資を届けました。東日本大震災(2011年3月11日)から間もなく10年を迎える被災地では、今回の最大震度6強の地震で負傷者185人、全半壊を含む建物の損壊 2,649件(19日現在)のほか、土砂崩れや断水など大きな被害が発生しました。被災された方々に改めてお見舞い申し上げます。

「東日本大震災を思い出した」

提供した飲料水や保存のきく食糧の近くで話を聞く大原

(特活)ポラリスに支援物資を届け、田口ひろみ代表理事(左)から被害状況を聞くAAR東北事務所の大原真一郎=宮城県山元町で2月18日

 「激しい揺れに10年前のことが頭をよぎりました。また津波が来るんじゃないかと」震度6弱を記録した宮城県山元町にある(特活)ポラリスの田口ひろみ代表理事は話します。ポラリスは知的・精神・発達障がいがある約20人が、地元産イチゴの出荷の手伝い、清掃作業、コーヒーの自家焙煎、イラスト制作などを通じて、働きながら地域で暮らす拠点になっています。13日の地震で事務所・作業場を兼ねた本棟の外壁・内壁に無数の亀裂が生じ、ドアが開かなくなったほか、デスクトップPCなどの備品が壊れました。翌14日の日曜日に職員が総出で滅茶苦茶になった室内を片付け、外壁にテープを貼って応急処置をしたうえで、週明けに活動を再開しました。

施設の外壁には亀裂が入り、テープなどでとめて一時しのぎをしている

地震で亀裂が生じたポラリスの本棟外壁=2月15日/関係者撮影

 田口さんは「しばらく余震が続くと言われていて、利用者の安全のためにも建物全体を修繕する必要がありますが、本格的な工事には数百万円かかりそうです」と頭を抱えます。AARは18日、被害状況を確認するとともに、飲料水・非常食、給水タンク、防災リュックなどをお届けしました。

新築した事業所の壁にひび割れ

 震度6強の揺れに見舞われた福島県相馬市では、常磐自動車道の道路脇の斜面が崩れて17日まで通行止めになったほか、市内各所の墓地で墓石が倒れるなどの被害が出ました。障がい者福祉作業所「工房もくもく」は、2019年10月の台風19号など2度の浸水被害を受けた後、施設が手狭になったことや新型コロナウイルスの影響もあって郊外への移転を決め、今月2日に新しい事業所に引っ越したばかりでしたが、今回の地震で新築した施設の壁にひび割れが生じてしまいました
 工房では知的・精神・身体障がいのある19人が紙漉き、機織り、布製品のシルク印刷などの仕事に取り組んでいます。佐藤定広所長は「翌朝すぐに全員の安否を確認し、職員が施設内を片付けて週明けに何とか再開しました。広々とした新しい工房に移って皆が喜んでいた矢先に大きな地震が起きて、ショックでお休みしている利用者もいます」と話します。「夜中に家が倒れるかと思うほどの揺れでした。10年前のトラウマからやっと解放されたのに、再び恐怖を感じている人もいて心配です」。佐藤所長の自宅も屋根瓦が崩れてビニールシートで応急処置をしたほか、10年前に倒壊した墓石がまた倒れるなど、大変な状況にあっても施設の運営を続けています。地震で工房の電子レンジが壊れたため、AARが新品を調達して届けました。

提供した電子レンジのそばで話をきくAARの大原

障がい者福祉作業所「工房もくもく」に電子レンジなどを届けた大原と佐藤定広所長(左)=福島県相馬市で2月18日

墓石が無残にも倒れている 胸が痛くなる状態

多くの墓石が倒壊した福島県相馬市内の墓地=2月18日

 また、福島県南相馬市のNPO法人あさがおでは、地元の道の駅などで販売する「おこわ」、給食用の弁当を調理する厨房のオーブンや揚げ物用フライヤー、製氷機が破損しました。統括・管理者を務める荒幸弘さんは「障がいのある利用者さんたちの工賃(賃金)を確保するために、地震の翌朝も滅茶苦茶になった作業所を片付けながら、納品が決まっているおこわなどの調理をしました」と苦労を語ります。
 今回の地震では幸い死者はなく、大きな建物の倒壊など目に見える被害は少なかったものの、地域で活動する障がい福祉施設の多くが困難に直面しています。AARは2011年の東日本大震災の被災地で、発生直後の緊急期から復旧・復興期まで中長期的視野に立って支援事業を続けてきたほか、2019年の台風19号で甚大な被害を受けた地域でも支援活動を実施しました。今回訪問したのは、いずれも過去の支援を通じてご縁があった福祉施設です。AARは引き続き被災地に寄り添い、復興を後押しする活動を続けてまいります。皆さまの温かいご支援をお願い申し上げます。

緊急募金にご協力ください

クレジットカードで

以下のボタンからお手続きください。決済業務は、決済代行会社SMBCファイナンスサービスを通じて行っています。(お申し込み情報は、ベリサイン社の暗号化技術SSLを利用して送信されます。)

    クレジットカードでの寄付お申し込み

    銀行振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    三井住友銀行 目黒支店
    普通 1215794
    特定非営利活動法人 難民を助ける会
    ナンミンオタスケルカイ
    三菱UFJ銀行 目黒支店
    普通 4520323
    特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンヲタスケルカイ
    みずほ銀行 目黒支店
    普通 1110211
    特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンオタスケルカイ

    【ご注意】銀行からのお振り込みは、こちらでお振り込み人さまを特定できません。
    お手数ですが必ず事務局(TEL:03-5423-4511)までご連絡ください。

    振込人名の後に「東北地震」とご記入ください。

    ※振込手数料はご本人さまのご負担になります。

    コンビニで

    下記のボタンからお手続きください。払込用紙(ハガキサイズ)をお送りいたしますので、コンビニにお持ちになってお支払いください。
    コンビニで寄付
    ※「その他の活動への募金」を選択し、手続きページの通信欄に「東北地震」とご記入ください。

    ※株式会社Eストアーのネットショップ「ショップサーブ」を利用しています。

    ※手数料330円はご本人さまのご負担になります。

    郵便振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    ※備考欄に「東北地震」とご記入ください。

    口座番号 00100-9-600
    加入者名 特定非営利活動法人 難民を助ける会

    【ご寄付くださる皆さまへ】皆さまのご寄付は、ご指定の活動に活用させていただきますが、被災状況やニーズの変化などによっては、当初の計画よりも早い段階で活動を終了することもございます。それにより活動に必要な額をご寄付が上回った場合には、継続している東北での支援活動に活用させていただきます。あらかじめご了承ください。

    最新情報はfacebook、Twitter、メールマガジンでもお知らせしています

    < 活動ニューストップに戻る

    ページの先頭へ
    難民を助ける会
    特定非営利活動法人
    難民を助ける会(AAR Japan)
    〒141-0021
    東京都品川区上大崎2-12-2
    ミズホビル7階
    フリーダイヤル0120-786-746
    Tel:03-5423-4511
    Fax:03-5423-4450
    月~土、10時~18時(日祝休み)