イベントに参加する

スーダンの地雷・不発弾問題の今

2010年01月21日 (木)  
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

下記のイベントは終了/申込受付終了いたしました。

最新イベント情報

日本人駐在員が現地の最新状況を報告します

ポスターを使った地雷教育の様子

難民を助ける会のスタッフが地雷とはどんなものか、ポスターなどを使って、子どもたちにも分かりやすく説明します

認定NPO法人 難民を助ける会(東京都品川区=理事長 長 有紀枝<おさ・ゆきえ>)では、2010年1月22日にスーダンにおける活動の報告会を開催します。

20年以上にわたり内戦が続いたスーダンでは、国土の広い範囲に無数の地雷や不発弾が残り、今も人々の生活を脅かし続けています。難民を助ける会は2005年より、地雷・不発弾汚染率の高いスーダン北部で地雷回避教育を行っています。スーダンの地雷問題の現状と、当会が行っている活動について、現地駐在員の大豆本由紀と山浦遼が報告します。

多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

日程 2010年1月22日(金) 午後6時30分-8時30分(午後6時開場)
会場 難民を助ける会事務所3階会議室 
(東京都品川区上大崎 2-12-2 ミズホビル3F) 
JR/東急目黒線/東京メトロ南北線/都営三田線 目黒駅から徒歩2分
交通アクセス
参加費 無料

報告者プロフィール

event0912-3-1daizmoto.jpg

大豆本 由紀(だいずもと ゆき)

2009年3月より北スーダン・ハルツーム駐在代表。大学卒業後、民間企業、在外公館、政府機関で勤務。インドネシアで紛争後の復興プログラムに従事した後、難民を助ける会へ。35歳、兵庫県出身

event0912-3-2yamaura.jpg

山浦 遼(やまうら りょう)

2009年1月より北スーダン・カドグリ駐在。教育大学で教員免許を取得。卒業後、青年海外協力隊の小学校教諭としてウガンダに赴任。帰国後難民を助ける会へ。

< イベントに参加するトップに戻る

イベントなど最新情報をお知らせします

現地からの活動報告やイベント予定など、難民を助ける会の最新情報を毎月お届けします。

無料メールマガジン登録
ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)