イベントに参加する

8月5日(木)はミャンマー活動報告会へ「サイクロン被災から2年...ミャンマーの今」

2010年08月05日 (木)  
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

下記のイベントは終了/申込受付終了いたしました。
このイベントの活動報告レポート

最新イベント情報
サイクロン被災者が育てた家畜(左は久保田駐在員)

豚は家畜銀行で大活躍。家畜銀行とは?・・・答えは報告会で!(左が久保田駐在員)

国際NGO難民を助ける会(AAR JAPAN)(東京都品川区=理事長 長有紀枝<おさゆきえ>)は、8月5日(木)、ミャンマー(ビルマ)にて2008年5月に発生したサイクロン「ナルギス」による被災への復興支援について活動報告会を開催します。
サイクロンが奪ったもの。それは多くの命のみならず、残された家族の家や食糧、生計を立てるための家畜や道具、そして生きる希望でした。被災から2年以上が経過した今、人々に笑顔は戻ったのでしょうか。
難民を助ける会は、サイクロン発生直後に物資配布などの緊急支援を実施。現在は、働き手を失った家庭への家畜の配布や、農業資材・漁業道具の供与などの生計支援を行っています。その過程で、人々にどのような変化があったのか。ミャンマーの人々とともに 奮闘している駐在員・久保田和美がお話しします。多くの皆さまのお越しをお待ちしております。

サイクロン「ナルギス」とは…

2008年5月2-3日にかけてミャンマー南部を襲った大型サイクロン。死者・行方不明者数は13万8,000人(ミャンマー政府発表)、被災者数は約240万人(国連発表)にも上った。

報告会詳細

 

日時 2010年8月5日(木) 午後6時30分~8時
会場

難民を助ける会事務所3階会議室 
(東京都品川区上大崎 2-12-2 ミズホビル3F) 
JR/東急目黒線/東京メトロ南北線/都営三田線 目黒駅から徒歩2分
交通アクセス

参加費 無料
定員 50名(先着順、要事前申込)

報告者

久保田和美駐在員

久保田 和美(くぼた かずみ)

2009年8月よりミャンマー駐在。イギリスの大学院で開発学と教育学を学んだ後、在外公館にて勤務。その後、国際協力事業の運営に直接関わりたいと、難民を助ける会へ。東京都出身。32歳。

< イベントに参加するトップに戻る

イベントなど最新情報をお知らせします

現地からの活動報告やイベント予定など、難民を助ける会の最新情報を毎月お届けします。

無料メールマガジン登録
ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)