イベントに参加する

6月3日(金)ラオス・車いす支援活動報告会を開催します

 
RSS

下記のイベントは終了/申込受付終了いたしました。

最新イベント情報

現地の人々と共に歩んだ11年を振り返る

ラオスで車いすを使う少女とその家族

車いす支援活動を通してたくさんの笑顔に出会うことができました/撮影:高橋智史

国際NGO難民を助ける会(AAR JAPAN)(東京都品川区=理事長 長(おさ)有紀枝)は、6月3日(金)、ラオスにおける車いす支援活動報告会をJICA地球ひろば(東京都渋谷区広尾)にて開催します。

ラオスでは、約6万人の人々が車いすを必要としていると推定されていますが、十分に行き届いていない現状があります。そこで、難民を助ける会は2000年より、ラオスで唯一である車いす工房の運営を支援してきました。2011年5月末からは、これまで工房で働いてきた障害者を含むラオス人スタッフ自らが工房の運営を執り行います。

現地で7年に渡って支援活動を行ってきた岡山典靖、作業療法士の福岡幹彦の両駐在員が、これまでの活動を振り返り、「11年間の試行錯誤の取り組みとその成果」についてご報告します。

日時

2011年6月3日(金) 午後6時30分~8時

会場

JICA地球ひろば セミナールーム202
(東京都渋谷区広尾4-2-24)
東京メトロ日比谷線 広尾駅 徒歩1分

参加費 無料
定員

40名(先着順、要事前申込)

報告者紹介

岡山典靖顔写真

岡山 典靖(おかやま のりやす)

2004年6月よりラオス事務所駐在。大学卒業後、青年海外協力隊員としてバングラデシュへ。帰国後、水産庁の外郭団体でODA事業を担当。その後農村開発NGOの駐在員としてネパールで5年間の勤務を経て、難民を助ける会へ。(愛知県出身)

福岡幹彦顔写真

福岡 幹彦(ふくおか みきひこ)

2008年11月よりラオス事務所駐在。作業療法士として大学病院にて4年間勤務後、青年海外協力隊員としてフィリピンでリハビリテーションを普及するプロジェクトに従事。帰国後、難民を助ける会へ。(北海道出身)

< イベントに参加するトップに戻る

イベントなど最新情報をお知らせします

現地からの活動報告やイベント予定など、難民を助ける会の最新情報を毎月お届けします。

無料メールマガジン登録
ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)