イベントに参加する

8月8日(水) ミャンマー(ビルマ)障害者支援活動報告会を開催します

 
RSS

下記のイベントは終了/申込受付終了いたしました。

最新イベント情報

障害があってもなくても等しく社会に参加できるように

event1208_978_1hayashi.jpg

障害のある方が生計を立てられるよう、家畜として豚を提供しました。豚を育てている家族を訪問し、生育状況などを聞く駐在員の林早苗(左端)

AAR Japan[難民を助ける会]は、12年にわたりミャンマーに根を張り、障害者支援を行ってきました。2008年、2010年には、サイクロン被災者への緊急支援も実施しました。

現在は、障害のある人々自身から成るグループを支援し、障害児の就学支援や、障害者への偏見をなくすための啓発活動の実施などを行い、障害の有無にかかわらず等しく参加の機会が得られる地域・社会作りを進めています。また、洋裁や理容などの職業訓練校も運営しています。

日本では、いま、民主化をめぐる国の大きな動きに注目が集まっています。一方で、継続して支援が求められている、障害者一人ひとりの窮状は、なかなか伝わってきません。

今回の報告会では、一時帰国する駐在員の林早苗が、ミャンマーでの障害者を取り巻く現状と、支援活動についてお話しします。多くの皆さまのお越しをお待ちしています。

ミャンマー活動報告会

日程

2012年8月8日(水)

時間

午後6時30分~8時00分

会場

AAR Japan[難民を助ける会]事務所3階会議室
(東京都品川区上大崎 2-12-2 ミズホビル3F)
JR/東急目黒線/東京メトロ南北線/都営三田線 目黒駅から徒歩2分

参加費 無料
定員

50名(先着順、要事前申し込み)

報告者紹介

ミャンマー(ビルマ)駐在員の林早苗

林 早苗(はやし さなえ)

大学卒業後、民間企業に勤務。その後、英国の大学院で人類学を学び、国際機関勤務などを経てAAR Japanへ。ミャンマーサイクロン「ギリ」の緊急支援(2010年)、スリランカ洪水支援(2011年)などに従事。2012年2月よりミャンマー(ビルマ)駐在。

< イベントに参加するトップに戻る

イベントなど最新情報をお知らせします

現地からの活動報告やイベント予定など、難民を助ける会の最新情報を毎月お届けします。

無料メールマガジン登録
ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)