イベントに参加する

国際エイズデーを前に 11月27日ザンビア活動報告会を開催

 
RSS

下記のイベントは終了/申込受付終了いたしました。

最新イベント情報
ザンビアの少女を真ん中に、河野と永井

地元の若者によるエイズ啓発活動を支援しています。駐在員の河野洋(左)と永井萌子(右、2012年7月)

HIV/エイズが蔓延するザンビアでは、子どもたちの6人に1人がエイズで親を亡くしています。働き手を失い家計が困窮し、勉強がしたくても学校に通えない子どもがたくさんいます。AAR Japan [難民を助ける会]はそうした子どもたちへの学費や制服の支援、また、感染者の増加を防ぐHIV検査の促進やHIV/エイズについて正しく知ってもらう活動を行っています。

このたび、看護師資格を持つ駐在員の永井萌子が一時帰国し、支援する子どもたちの声や、ザンビアでのエイズ問題の現状、現地での支援活動などについて報告します。永井駐在員が見て感じたザンビアを、そのまま皆さまにお伝えします。お誘い合せのうえ、ぜひ、ご参加ください。

event1211_1060_5ticad.jpg

AARのザンビアでの活動についてはこちらをご覧ください。

本報告会は、第5回アフリカ開発会議(TICAD V)パートナー事業に認定されています。

日本の看護師が見たザンビア ― エイズ対策活動報告会

日程

2012年11月27日(火)

時間

午後6時30分~8時00分

会場

AAR Japan[難民を助ける会]事務所3階会議室
(東京都品川区上大崎 2-12-2 ミズホビル3F)
JR/東急目黒線/東京メトロ南北線/都営三田線 目黒駅から徒歩2分

参加費 無料
定員

50名(先着順、要事前申し込み)

報告者紹介

永井 萌子

永井萌子写真

看護師として、病院や保育園での勤務を経てAARへ。当会の東日本大震災の支援において、宮城県牡鹿半島などで巡回診療に従事した。2012年5月よりザンビア駐在。

< イベントに参加するトップに戻る

イベントなど最新情報をお知らせします

現地からの活動報告やイベント予定など、難民を助ける会の最新情報を毎月お届けします。

無料メールマガジン登録
ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)