イベントに参加する

9/18(水)障がい者が就労できる社会を ミャンマー草の根技術協力事業 事業完了報告会

2019年09月18日 (水)  
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

下記のイベントは終了/申込受付終了いたしました。

最新イベント情報

障がい者雇用に必要な環境づくり

職業訓練校に通う洋裁コースの女性が、ミシンの前で微笑む。広報にはAARの中川が生徒が製作した布のポーチを持っている

ヤンゴンで運営する職業訓練の洋裁コースに通う生徒とAARミャンマー駐在代表の中川善雄(後列)

ミャンマーには、約231万人(人口の4.6%)の障がい者*1がいますが、その就業率は約15%と言われています*2。そのような状況の中、AARJapan[難民を助ける会]が運営する障がい者のための職業訓練校では、卒業生の就職率は91%を誇ります。
障がい者の就職には、本人たちが技術を身につけること、そして雇用者側の理解や国の施策などが重要です。駐在代表の中川善雄が、職業訓練校での取り組みや、障がい者の就労機会の拡大のために行った、ミャ ンマー政府や企業への働きかけなどについて報告します。

AARが運営する職業訓練校・・・2000年にヤンゴンで開校。障がい者のためのカリキュラムを組み、就職斡旋、就労後のサポートなどを行う。洋裁、美容理容、コンピューターの3つのコースがあり、これまでに1,750名以上が卒業している。
*1  ミャンマー国勢調査(2014年)
*2  ミャンマー政府と国際NGOによる調査(2010年)

障がい者が就労できる社会を ミャンマー草の根技術協力事業 事業完了報告会

日時

2019 年 9 月 18 日(水)16 時~ 17 時 30 分

会場

JICA 東京 別館 C,D 
(東京都渋谷区西原2-49-5) 
京王新線「幡ヶ谷駅」下車(南口出口)徒歩8 分
地下鉄千代田線・小田急線「代々木上原駅」下車(北口1 出口)徒歩12 分

参加費

無料

内容

1.ミャンマーの障がい者をとりまく状況
2.職業訓練校の高い就職率の理由
3.国や企業への働きかけ

定員

40名(先着順。事前にお申し込みください)

主催/共催 独立行政法人国際協力機構(JICA)東京センター
AAR Japan[難民を助ける会]
お申し込み・お問い合わせ

■メールの場合
「①お名前 ②ご所属 ③メールアドレス④電話番号⑤住所」を記載の上、件名に「ミャンマー草の根事業完了活動報告会」と記入し、下記メールアドレスへ送信ください。

Yajima.Mikako2@jica.go.jp
担当:JICA東京センター 市民参加協力第二課 矢嶋 美香子

■お電話の場合
03-5423-4511
担当:AAR  後藤 由布子(受付時間:土日祝を除く月~金10:00 ~ 18:00)

(※お申込み時にいただいた情報は主催/共催団体で共有し、AARより活動報告やイベントのご案内等をメールや郵送でお送りすることがあります)

profile_nakagawa.jpg

中川 善雄(なかがわ よしお)

大学卒業後、日本赤十字社に約5年勤務。その後、国際協力の現場を希望しAARへ。2011年3月より2013年9月までタジキスタン駐在。2013年10月よりミャンマー・パアン事務所駐在。神奈川県出身

< イベントに参加するトップに戻る

イベントなど最新情報をお知らせします

現地からの活動報告やイベント予定など、難民を助ける会の最新情報を毎月お届けします。

無料メールマガジン登録
ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)