イベントに参加する

子どもたちに文房具を 書き損じはがき・切手キャンペーン 2020-2021

 
RSS

下記のイベントは終了/申込受付終了いたしました。

最新イベント情報

キャンペーン期間中、目標の5,000枚を大幅に超える12,284枚が集まりました。ご協力いただいた皆さまに心より御礼申し上げます。支援活動に大切に活用させていただきます。キャンペーンは終わりましたが、書き損じはがきや切手は、引き続き募集しておりますので、ぜひAARへお送りください。(2021/2/3)

5000枚のハガキを集めます。5000枚は子ども2485人に鉛筆3本とノート2冊を配れる量に相当します

書き損じはがきや切手をいかして、難民の子どもたちに文房具を贈りませんか

皆さんのご家庭にある書き損じはがき、未使用の切手が、コンゴ難民の子どもたちが使う文房具に変わります。AARがウガンダで活動する難民居住地では、児童715人に教室が一つしかない小学校もあり、子どもたちは文房具もなく、一冊の教科書を何人かで一緒に使いながら懸命に勉強しています。「授業が 一番好き。でも教科書や 文房具がなくて授業を受 けられないときもあるの」と 話す子どももいます。

書き損じはがきが10枚あれば、5人の子どもに鉛筆3本とノート2冊を届けられます。あなたのお気持ちが、難民の子どもたちの学びを支え、未来を拓きます。ぜひAARへお送りください。

ウガンダ駐在員の家高

子どもたちの 「学びたい」気持ちを伸ばしたい

 

ウガンダ事務所駐在員の家髙真衣です。ウガンダ西部の難民居住地には、教科書やノートなど がないために、学校に通うことをあきらめてしまう子ども たちが大勢います。 日本では当たり前に受けられる教育も、難民居住地と いう特殊な環境下では、決して簡単なことではありませ ん。AARが支援する学校では、ひとつの教室に最大120 人を超える子どもたちが授業を受けています。それでも 必死に学ぼうとする子どもたちが、一人でも多く文房具を手にできるよう、皆さまのご協 力をお願いいたします

参加・送付方法

【送るもの】
・書き損じはがき(未使用も可)
・未使用の切手

【送り先】
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-12-2ミズホビル7F
AAR Japan 物品募集係

※恐れ入りますが、送料のご負担をお願い致します。

※2021年1月8日現在、多くの皆さまにご協力いただき、目標の5,000枚を達成しました。今後お寄せいただいたはがきや切手は、今一番必要とされる支援活動に充てさせていただきます。

コンゴの現状

コンゴ東部では地下資源をめぐる紛争が1990年代から続き、死者は600万人を超えると言われます。多数の難民が周辺国に逃れ、隣接するウガンダ西部には約40万人が流入しています。また、新型コロナウイルス感染はアフリカにも広がり、ウガンダでも社会生活や人道支援活動に影響が生じて、難民たちの暮らしはますます圧迫されている状況です。

はがき・切手を通して、子どもたちが教育を受ける機会を支えませんか?皆さまのご協力をお待ちしております。

最新情報はSNSでもお知らせしています。ぜひフォローやシェアでも応援ください。

< イベントに参加するトップに戻る

イベントなど最新情報をお知らせします

現地からの活動報告やイベント予定など、難民を助ける会の最新情報を毎月お届けします。

無料メールマガジン登録
ページの先頭へ

難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)