プレスリリース・お知らせ

ハイチ地震の写真展を神戸で開催します

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

ハイチ大地震から1年。阪神・淡路大震災から16年。

国際NGO難民を助ける会(AAR JAPAN)(東京都品川区= 理事長 長有紀枝〈おさ・ゆきえ〉)では、2010年1月12日のハイチ大地震発生から1年を迎えるこの冬、被災地の状況を伝える写真展「ハイチから、明日へ。―ハイチ大地震の記録―」をJICA プラザ兵庫(神戸市中央区)で開催します。

会場となるJICAプラザ兵庫の広報展示室では、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災に合わせ、1月7日から31日まで「防災」をテーマに企画展示が行われています。いまだに震災の爪痕が色濃く残り、コレラや政情不安のニュースが目につくハイチと、未曾有の大災害から不死鳥のように蘇った神戸。1月に発生した二つの大地震をめぐる展示は、神戸の復興を振り返り、ハイチの明日について考える貴重な機会となるはずです。

詳細は以下のページをご覧ください。

「ハイチから、明日へ。―ハイチ大地震の記録―」

2011年1月7日(金) ― 1月30日(日)
会期中無休/入場無料
会場:JICAプラザ兵庫(ロビー)(兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2)

※この写真展は12月13日から24日まで世界銀行情報センター(東京都千代田区)で開催され、好評を博した展示の巡回展です。2月から3月にかけて福岡と広島にも巡回します。

【このプレスリリースに関するお問い合わせ】

担当:杉澤・山田
TEL:03-5423-4511

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)