プレスリリース・お知らせ

理事長の長有紀枝が相馬市の復興顧問会議に参加

2011年06月21日  お知らせ日本緊急支援
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

6月19日、福島県相馬市にて相馬市復興顧問会議が開催されました。難民を助ける会理事長の長有紀枝(おさ ゆきえ)はこの会議にメンバーとして出席し、今後の復興の方向性や課題について、意見を述べました。

復興顧問会議は、相馬市復興会議による復興計画の立案にあたり、有識者から助言を受けるために設立されました。メンバーは以下の通りです。(敬称略)

  • 北川正恭(早稲田大学大学院教授、元三重県知事)
  • 大澤貫寿(東京農業大学学長)
  • 大石久和(財団法人国土技術研究センター理事長、元国土交通省技監)
  • 牧野治郎(社団法人日本損害保険協会副会長、元国税庁長官)
  • 上昌広(東京大学医科学研究所特任教授)
  • 新波剛史(株式会社ローソン代表取締役社長)
  • 長有紀枝(NPO法人難民を助ける会理事長、立教大学大学院教授)

難民を助ける会では、相馬市を含む福島県の13市町村で仮設住居・借り上げ住居に入居される方々に対し、台所用品や食器棚など、日用品を配付する支援活動を行っています。

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)