プレスリリース・お知らせ

4/9(火)開催 報告会「南スーダン生活4年目 現場から支援のあり方を考える」

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

南スーダン駐在4年目の角谷亮がお話します 衛生教育講習会の実演も

20年以上にわたる長い内戦が終わり、2011年に独立した南スーダン共和国。ようやく平和が訪れたかと思われましたが、スーダンとの国境問題、やまない部族間抗争など、問題が絶えません。AAR Japan[難民を助ける会]が取り組む水・衛生の分野でも、不衛生な水に起因する下痢や腸チフスの流行など、未だ多くの問題があります。

4月9日(火)に行われる報告会では、南スーダン駐在4年目の角谷亮が、日本とは文化も習慣も違う同国で活動する上で直面した課題と、それをどう乗り越えてきたかをお話します。井戸や給水塔の建設にあわせて、AARが村人たちに手洗いやトイレを使用する習慣を身につけてもらうために行っている衛生教育講習会の実演も行います。

独立からまもなく2年。南スーダンで、いま本当に必要な支援のあり方とは?援助依存を防ぐためにはどうすればいいのか?参加者の皆さまとともに考えていくイベントです。多くの皆さまのお越しをお待ちしています。

【このお知らせに関するお問い合わせ】

担当:藤本、松本
TEL:03-5423-4511

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)